韓国ドラマ『天使のキス』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『天使のキス』

一人の男の中に潜む天使と悪魔が繰りひろげる戦いを描いたドラマ。職場での出来事で、愛する女性と職場を失った平凡な会社員が、人間の姿をした悪魔の助けで、過去に戻ったが、愛の力で導こうとする天使の助けを借り悪魔に対する。

タイトル:天使のキス
ジャンル:オカルトファンタジー
キャスト:
チャ・スンウォン、パク・サンア、ユ・ホジョン、チョ・ミンギ
テレビ局:KBS
公式サイト http://kbsworld.ne.jp/drama/detail.php?cno=95
話数:18話
最高視聴率:-
1998年作品

 

出演者関連・参考サイト ※別のサイトへ飛びます

 

みどころ:

一人の男の中に潜む天使と悪魔が繰りひろげる戦いを描いたドラマ。職場での出来事で、愛する女性と職場を失った平凡な会社員が、人間の姿をした悪魔の助けで、過去に戻ったが、愛の力で導こうとする天使の助けを借り悪魔に対する。


[スポンサーリンク]


あらすじ:

「ハンジュ薬品新薬研究所」でアメリカ産のバイアグラの効果をはるかに凌ぐウルトラプラスが開発されました。

 

この新薬の開発はジャン・テジュ(チャ・スンウォン)が手掛けたが、彼は同僚で研究員の恋人でもあるチェ・セリム(パク・サンア)が開発したかのようにしました。

 

しかし、ウルトラが開発されたニュースでは新薬開発がセリムではなく、同じチームのチョ・ソンジュン(イ・ソンリョン)の名前で発表されていたのです。

 

専務の息子であるだったソンジュンは、セリムの致命的な弱点の秘密を餌に横取りをしたのであった。

 

後日テジュは身体の調子を訴えて病院へと行きます。

 

その時、臨床実験もされていないウルトラが高価で取引されているのを知ってしまう。

 

ソンジュンが専務と手を組んで会社の株式を買い占める為に、資金を集めようと秘密裏に新薬を横取りしたのでした。

 

テジュはウルトラの副作用に気付いて、この事を暴露しようとしますが、テジュの前にアメリカからやってきた理事イ・ムゴン(チョ・ミンギ)が現れる・・・。

 

登場人物:

チャ・テジュ(チャ・スンウォン)
製薬会社研究員

 

チェ・セリム(パク・サンア)
テジュの恋人、同僚

 

ハン・ソラ(ユ・ホジョン)
天使、テジュの同僚

 

イ・ムッコン(チョ・ミンギ)
悪魔、製薬会社理事

 

情報掲載サイト
・韓チョア < http://korea.yapy.jp/drama/angel_kiss/ >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング