韓国ドラマ『大王の道』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『大王の道』

18世紀の朝鮮王朝21代王の英祖の治世。二大党派の老論と少論が熾烈な権力争いに明け暮れていたなか、イ・サン(正祖)の父、思悼世子(荘献世子)を軸に3世代にわたる権力者の栄光と悲劇を描いた作品。

タイトル:大王の道
ジャンル:歴史
キャスト:
イム・ホ、ホン・リナ、パク・クニョン、ユン・ソナ
テレビ局:MBC
公式サイト http://www.bs-j.co.jp/daio/
話数:34話
最高視聴率:-
1998年作品

 

出演者関連・参考サイト ※別のサイトへ飛びます

 

みどころ:

18世紀の朝鮮王朝21代王の英祖の治世。二大党派の老論と少論が熾烈な権力争いに明け暮れていたなか、イ・サン(正祖)の父、思悼世子(荘献世子)を軸に3世代にわたる権力者の栄光と悲劇を描いた作品。


[スポンサーリンク]


あらすじ:

父英祖に愛されずに苦悩していた思悼世子(イム・ホ)。

 

色んな党派に分かれて権力争いをする貴族たちや、出世の野心を持っている英祖の側室たちは、己の利益の為だけに親子の不仲に乗じ、思悼世子の廃世子を画策していました。

 

世子嬪の恵嬪ホン氏(ホン・リナ)やホン氏一族たちは思悼世子を支え続けていましたが、思悼世子はだんだん心の平衡を失っていく・・・。

 

嫡男のサンが10歳になろうとする頃に、英祖と思悼世子との確執はついに決定的な事態を迎えることになるのですが・・・。

 

登場人物:

思悼世子(イム・ホ)
英祖の次男

 

恵嬪ホン氏(ホン・リナ)
思悼世子の妻

 

英祖(パク・クニョン)
朝鮮王朝第21代王、思悼世子の父

 

ムン淑媛(ユン・ソナ)
英祖の側室

 

情報掲載サイト
・wikiwand < https://www.wikiwand.com/ja/%E5%A4%A7%E7%8E%8B%E3%81%AE%E9%81%93 >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング