獄中花のあらすじと概要

[スポンサーリンク]

【話題沸騰】獄中花のあらすじ、イビョンフン監督と女優チンセヨンがタッグを組んだ話題作

2016092201

photo by: Kstyle

 

タイトル:獄中花
ジャンル:サクセスストーリー
キャスト:チン・セヨン、ユン・テウォン、コ・ス、キム・ミスク他
テレビ局:MBC
話数:全50話
最高視聴率:21.3%(韓国TNSメディア調べ、35話)
2016年作品
あらすじ全話

 

 

みどころ:

 

KBS2ドラマ『獄中花』全50話は、なんと!監獄で生まれたという少女が女性弁護士となって活躍するという波乱に満ちた人生を描いた歴史ドラマの長編作品です。


[スポンサーリンク]


KBS2ドラマ獄中花』は、2016年4月30日から放送開始。

 

歴史ドラマとしては高視聴率の20%を超える事もある獄中花。話題作『奇皇后』に匹敵する視聴率です。(視聴率調査会社ニールセン・コリア調べ)

 

週間視聴率では、歴史ドラマで圧倒的な視聴率で1位を獲得。

 

『獄中花』のあらすじ

主人公オクニョ演じるチン・セヨンは、監獄で生まれ育った天才少女で後に弁護士(代訟人=テソンイン)となり冤罪に苦しむ庶民のために戦う姿を描いたドラマ。

 

時は・・・、第13代国王明宗(ミョンジョン)治世の朝鮮。
訳あって典獄署でオクニョを産み命を落とすことになった母・ガビの死の真相を追ううち、オクニョの人生に深く関わる人物達が現れます。
ユン・テウォン(麻浦(マポ)、サムゲを牛耳る元締めで、外知部(ウェジブ)と呼ばれる民間弁護士組織を率いる人物)、武術の師匠でオクニョのメンター・パク・テスオクニョに観相学を授けるイ・ジハムほか様々な人物との交流や仇たちとの戦いが幕を開けます。

キャスト紹介

オクニョ役 (チン・セヨン)

 

監獄で生れた天才少女

 

チン・セヨンのプロフィールと出演ドラマ

 

ユン・テウォン役 (コ・ス)

 

商団や影組織の元締め的存在ですが、その背後にはさる実力者の陰

 

コ・スのプロフィールと出演ドラマ

 

文定(ムンジョン)王后役 (キム・ミスク)

 

中宗の3番目の王妃、明宗 (ミョンジョン)の母

 

野心と貪欲に満ち術数に長けた悪女。

 

キム・ミスクの出演ドラマ

 

ユン・ウォンヒョン役 (チョン・ジュノ)

 

ユン・テウォンの父、文定王后の弟

 

朝鮮明宗代の絶対的な権臣。
どんな手段を使っても政権を奪取しようとする権力者。

 

チョン・ジュノの出演ドラマ

 

チョン・ナンジョン役 (パク・チュミ)

 

文定王后の側近、ユン・ウォンヒョンの妾

 

奴婢生まれではあるが、その美貌と巧みな話術でユン・ウォンヒョンの妾の地位まで上りあがる野心家。

 

代表作:女人天下

 

イ・ソジョン役 (ユン・ジュヒ)

妓房・素素楼(ソソル)の妓生

 

愛嬌が良く頭の回転が早い、美貌に加え技芸にも優れている。

 

ユン・ジュヒの出演ドラマ

 

ユン・シネ役 (キム・スヨン)

ユン・ウォンヒョンとチョン・ナンジョンの娘

 

冷血だが男性が惹きつけられる魅力ある女性。

 

キム・スヨンの出演ドラマ

 

参考サイト ※別のサイトへ飛びます

 

おすすめロマンス・ラブコメ

 

[スポンサーリンク]

 

公式サイト:MBC

 


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング