韓国ドラマ『師任堂』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

師任堂

サイムダンは、『申師任堂(シン・サイムダン)』という朝鮮王・中宗の頃に実在した高名な女流書画家です。
日本にチャングム旋風を巻き起こした『宮廷女官チャングムの誓い』以来、12年ぶりのドラマ復帰作となったイ・ヨンエがヒロインの師任堂を演じました。

タイトル:師任堂(サイムダン)
ジャンル:ホームドラマ
キャスト:
イ・ヨンエ、ソン・スンホン、オ・ユナ、チェ・チョロ
テレビ局:SBS
話数:28話
最高視聴率:16.3%
2017年作品あらすじ全話

 

みどころ:

 

師任堂』(サイムダン)は、なんと何といってもイ・ヨンエの復帰作として注目された韓国ドラマです。


[スポンサーリンク]


SBSドラマ師任堂』は、2017年1月26日から放送開始。
二日後にはKNTVで放送される程、この作品にかける想いの大きさを知ることができると思います。

 

『師任堂』のあらすじ

世紀の発見と言われる絵画「金剛山図」の発表を任せられた韓国美術史の非常勤講師ソ・ジユン(イ・ヨンエ)は、とあることから「金剛山図」の偽物疑惑が持ち上がってしまいます。

そんな中で学会に参加するためイタリアへ飛び立ったジユンは、そこで古い日記を見つけました。

その内容をもとにとある城へ向かうと、そこには自分と瓜二つの絵を見つけます。

その絵と日記を読み解くうちに、サイムダンイ・ギョム(ソン・スンホン)の純愛を知ることになります。

さらにそこには「金剛山図」の秘密に関して重要な記述が書かれているのでした。

キャスト紹介

イ・ヨンエ(サイムダン、ソ・ジユン役)

 

絶対色感を持つ天才画家、申師任堂(シンサイムダン)と韓国美術史を専攻する大学講師

 

イ・ヨンエのプロフィールと出演ドラマ

 

ソン・スンホン(イ・ギョム役)

 

逆賊として死んだ亀城君(クソングン)の孫

 

ソン・スンホンのプロフィールと出演ドラマ

 

オ・ユナ(フィウムダン チェシ役)

 

師任堂のライバル役

 

オ・ユナのプロフィールと出演ドラマ

 

チェ・チョロ(ミン・チヒョン役)

 

フィウムの夫

 

チェ・チョロのプロフィールと出演ドラマ

 

 

参考サイト ※別のサイトへ飛びます

 

おすすめロマンス・ラブコメ

 

[スポンサーリンク]

 

公式サイト:SBS師任堂

 


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング