韓国ドラマ『ホジュン(許浚)』~宮廷医官への道~のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『ホジュン(許浚)』~宮廷医官への道~

『ホジュン(許浚)』~宮廷医官への道~は、社会現象も巻き起こした演出家イ・ビョンフンが贈る医療ドラマ。愛人の子という自らの境遇に屈することなく、絶え間ぬ努力によって医師としての人生を切り開いたホジュンの人生が描かれています。

タイトル:ホジュン(許浚)~宮廷医官への道
ジャンル:医療時代劇
キャスト:チョン・グァンリョル、パク・チャンファン、チョ・ギョンファン、キム・ヒョンセ他
テレビ局:MBC
話数:64話
最高視聴率:63.7%(TNmS調べ)
1999年作品あらすじ全話

みどころ:

ホジュン(許浚)』(宮廷医官への道)は、なんと何といっても韓国の大河ドラマでは初となる視聴率60%を記録したことで注目されました。当時は「ホジュンシンドローム」と呼ばれる社会現象が発生し、大学の漢医学科の競争率が上昇するなど、社会に与えた影響が非常に強い作品となっています。

数多くの名作を世に出した演出家イ・ビョンフンの作品の中でも、一二を争う作品の一つとなります。


[スポンサーリンク]


tvNドラマホジュン(許浚)』(宮廷医官への道)は、1999年11月21日から放送開始され、韓国で社会現象を巻き起こすほど注目されました。
日本では翌年Mnetでで放送。

『ホジュン(許浚)』(宮廷医官への道)のあらすじ

16世紀の朝鮮時代、ホ・ジュンは愛人との間に生まれた子どもで、密貿易と身分違いの結婚という当時でにおける大罪を犯していました。

しかし、逃亡先で後の師匠となるユ・ウィテに出会い、医師としての道を志すようになります。


身分の差から様々な困難に直面するものの、持ち前の才能と自分の道を進む強い意思により医師としての技術を磨いていくことになるホ・ジュン。献身的な治療を行うことで、多くの人々を救うため、一人奮闘します。

キャスト紹介

ホ・ジュン役 (チョン・グァンリョル)

本作の主人公。内医院の医官。史上最高の成績で合格するが、上官ににらまれて恵民署に送られてしまう。
チョン・グァンリョルのプロフィールと出演ドラマ

宣祖役 (パク・チャンファン)

朝鮮第14代国王。ホ・ジュンの医術を高く評価している人物。
パク・チャンファンの出演ドラマ

ヤン・イェス役 (チョ・ギョンファン)

内医院の御医。王の主治医を務める最高実力者。ホ・ジュンの実力を認めている。
チョ・ギョンファンの出演ドラマ

ユ・ドジ役(キム・ヒョンセ)

内医院の医官。ユ・ウィテの息子。成績優秀なホ・ジュンに対してライバル心を抱いている。

キム・マンギョン役 (メン・サンフン)

内医院の医官。ユ・ウィテの息子。成績優秀なホ・ジュンに対してライバル心を抱いている。

イ・ジョンミョン役 (イム・ホ)

捕盗庁従事官。イェジンに好意を寄せているが、イェジンがホ・ジュンを想っていることを知っている。
イム・ホのプロフィールと出演ドラマ

チョン・ジャク役(パク・チョングァン)

内医院の判官。ホ・ジュンの実力を認める人物の一人。

参考サイト ※別のサイトへ飛びます

おすすめロマンス・ラブコメ

[スポンサーリンク]

 

公式サイト:ホジュン(許浚)BS朝日

 


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング