韓国ドラマ『オンエアー』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

韓国ドラマ『オンエアー』

オンエアー DVD-BOX 1[5枚組] [ パク・ヨンハ ]

価格:18,468円
(2014/11/10 14:17時点)
感想(1件)

タイトル:オンエアー
ジャンル:職業ドラマ
キャスト:
キム・ハヌルパク・ヨンハイ・ボムスソン・ユナ
テレビ局:SBS
公式サイト http://www.so-net.ne.jp/adtv/content/kd_SO0000001740.html
話数:21話
視聴率:22.5%
視聴率ランキング:2008年 109位

みどころ:

放送業界の裏事情をありのままに描いたストーリーで大人気!
それだけではなく、豪華キャストも勢揃いしている。
パク・ヨンハは、このドラマのために男っぽい荒っぽさを追求。
役の為だけのイメージチェンジ行い、また、初心に戻るため演技のレッスンまで受けたという。

あらすじ:

今、芸能界で一つのスキャンダルが起こった。
人気絶頂の女優オ・スンアが、年末に行われる、放送局主催の授賞式で賞を受賞。
しかしその賞が、視聴率が三倍を超えたドラマに出演した自分と、作品性で勝負した別のドラマの主人公の共同受賞だということを聞き、受賞を拒否したのだ。
このスキャンダルは世間を巻き込む大騒ぎとなり、芸能新聞の第一面を飾る。
ドラマを執筆した作家のソ・ヨンウンも、その場に一緒にいたために、その顔を芸能新聞の第一面で報道される羽目に!
ヨンウンは今まで、「財閥と孤児」を題材にしたシンデレラストーリーなど、少し間違えれば陳腐なドラマになってしまいがちな素材を巧みに扱い、視聴率一位を誇って来た。
しかし彼女は、このスキャンダルを機会に、作品の趣向を転向することを思い立つ。
「今まで書いたことのない、深みのあるドラマを書いてみたい」
そうして思いついたドラマの舞台は、精神病院という場所だった。
ドラマに真実味を与えるため、実際に病院で取材を行うヨンウン。
そこで彼女は、イ・ギョンミンという不思議な男性に出会った。
自分のことをジロジロ見る変な男。
これが、正直な第一印象。
まさか、彼が新人監督として、自分のドラマの撮影現場に現れるなんて思いもしなかった。
一方、「このままではプロダクションの社長の金儲けに利用されるだけで、決して本物の俳優になれない」と考えたスンアは、現在の契約が切れ次第、過去に自分を助けてくれたチャン・キジュンの経営するマネージメント会社に移籍することに。
彼の会社は資金難で今にも潰れるかもしれないが、本物の俳優になる煮は一番の近道だからー。


[スポンサーリンク]


登場人物:

オ・スンア
女優。
『国民の妖精』という二つ名を持つくらいのトップスター。
韓流ブームを中心で率いており、CMクイーンもある。
完璧なボディ、高い身長、彫刻のような顔、華麗なSライン。
現存する女優の中で最も外見に恵まれているが、演技力はまずます。
最近、生放送で進行された演技大賞の受賞式で大賞受賞を拒否するというスキャンダルを起こし、「礼儀知らずのどん詰まり」という陰口も聞こえ始めた。
それに追い討ちをかけるように、出演作品ごとに演技力に対する論争も巻き起こり始め、イライラする毎日を過ごしている。
『本物の俳優』になるために、潰れかけた弱小事務所に移籍することに。

 

イ・ギョンミン
ソウル大法学部出身。
その上監督としても才能を発揮し、ゴールデンチェスト短編部門賞を受賞した天才。
寡黙なため、礼儀をわきまえていないという評価を受けることもある。
不運が続き月給がいつも差押えられる兄と、夫に殴られながら生きる妹を持つ。
家政婦として身を粉にして働き、自分たちを育ててくれた母のため、自分だけはしっかりせねばというプレッシャーを感じている。

 

チャン・ギジュン
自らを「この世界で最高のプロ」だと信じる、マネージメント会社社長。
自社の俳優への愛は強い。
しかし、実力をつけた俳優たちは、彼の経営する弱小事務所をいつも去っていく。
そのため、現在では家賃すら払えないほどに落ちぶれている。
ある日、そんな弱小事務所にトップスターであるスンアが移籍してきて、彼の運命は変わり始める。

 

ソ・ヨンウン
『視聴率製造機』、『興行不敗神話』、『名セリフメーカー』などなど、数々の異名を持つヒット作家。
年末の授賞式「演技大賞」授賞式に出席したものの、生放送であるその場でスンアの受賞拒否事件が勃発。
一緒にいたヨンウンの顔までもが、新聞の第一面で韓国中にさらされてしまうという珍事件が起こる。
その事件を機会に、今まで作ってきた「不倫、不治の病、シンデレラ」がテーマのドラマから脱却したいと考えるが、「今までと同じ路線の作品を、今までと同じクオリティで」というテレビ局上層部の圧力もあり、前途多難。

情報掲載サイト
・フジテレビ < http://www.fujitv.co.jp/otn/b_hp/912200199.html >
・Wikipedia ウィキペディア < http://goo.gl/se7DG >
・ワウコリア < http://www.wowkorea.jp/profile/200241.html >
・BS11 < http://www.bs11.jp/drama/1020/ >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング