韓国ドラマ『ホテリアー』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

韓国ドラマ『ホテリアー』

【中古】ホテリアー 特別版プレミアムDVD-BOX/ペ・ヨンジュンDVD/洋画アジア

価格:2,144円
(2014/11/10 14:28時点)
感想(0件)

タイトル:ホテリアー
ジャンル:恋愛ドラマ
キャスト:
キム・スンウ、ソン・ユナ、ペ・ヨンジュン、ソン・ヘギョ、パク・チョンチョル、ホ・ジュノ、チェ・ファジョン、ハン・ジニ、チュ・ヒョン
テレビ局:MBC
公式サイト:BS朝日 < http://www.bs-asahi.co.jp/hotelier/ >
話数:20話
最高視聴率:21.5%
視聴率ランキング:2001年度作品

みどころ:

ソウルの一流ホテルを舞台に、華やかなホテルの裏で起きる買収劇、同僚の裏切りや和解など、ホテルマンたちを取り巻く人間模様を、ダイナミックに描く!
ホテリアー

あらすじ:

超一流ホテルである、ソウルホテル。
あまり表ざたになってはいないが、実はこのホテルは、経営難に陥っていた。
顧客担当支配人であるソ・ジニョンは、買収を目論む者からホテルを救うため、以前ソウルホテルで働いていた元恋人ハン・テジュンを呼び戻しにラスベガスを訪れた。
しかし、頼りの元恋人はすっかり落ちぶれ、自分にも冷たく当たる始末…。
ショックを受け、ラスベガスの町をうろつくうち、偶然韓国系アメリカンのシン・ドンヒョクと出会う。
ドンヒョクも自分の母国から来た女性ジニョンに関心を持ち、ドンヒョクはソウルホテルに滞在することに。
しかし、実はこのドンヒョクこそ、実業家キム会長からソウルホテル買収の仕事の依頼を受けた企業ハンターだった!
そんなことは露知らず、ジニョンの心は元恋人テジュンと自分に正面から向かってくるドンヒョクの間で揺れに揺れ…。


[スポンサーリンク]


登場人物:

シン・ドンヒョク
冷徹な辣腕企業ハンター。
ソウルホテル乗っ取りを依頼され、21年ぶりに米国から祖国に戻る。
ジニョンに出会い、初めて愛を知るようになった。
幼い頃自分を捨てた父に対して、強烈なトラウマを抱えている。

 

ハン・テジュン
ソウルホテルの、元総支配人。
そして、ジニョンの元恋人。
3年前に事故でホテルを去り、ラスベガスで将来のない生活をしていた。
しかし、ジニョンが知らせにきたことによって、ホテルが経営危機にあることを知る。
ジニョンのたっての願いで再び総支配人の座に返り咲く。
誠実で仕事熱心な男性。
ホテルに戻ってから、ジニョンと微妙な関係が続く。

 

ソ・ジニョン
ソウルホテルの女性支配人。
過去の恋人であるテジュンに未練を残しながらも、新しく出会ったドンヒョクの猛烈なアタックに心が揺らぐ。
仕事と職場を心から愛する気取りのない女性。
その明るさで、人に心を開いたことのなかったドンヒョクの心に灯をともすが…。

 

キム・ユンヒ
ソウルホテル乗っ取りを企むキム・ボクマン会長の一人娘。
母は幼い頃自殺。
それでも仕事一辺倒で、娘に対して無関心な父に反発を抱いている屈折した少女。
ソウルホテルの社長の御曹司に愛されるが、テジュンの誠実さとプロフェッショナルな姿勢に惹かれていく。

情報掲載サイト
・Wikipedia ウィキペディア < http://goo.gl/Cfej8 >
・ホテリアー 【韓国ドラマ情報】 - goo 動画 < http://bb.goo.ne.jp/special/korea/drama-movie/KDM20010004/index.html >
・BS朝日 < http://www.bs-asahi.co.jp/hotelier/ >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング