韓国ドラマ「カクシタル」のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

韓国ドラマ『カクシタル』

韓国ドラマ チュウォン、ジン・セヨン主演「カクシタル」DVD BOX(10DISC/一般版)

価格:13,932円
(2014/11/10 14:48時点)
感想(0件)

タイトル:カクシタル
ジャンル:ラブストーリー
キャスト:
チュウォン、ジン・セヨン、シン・ヒョンジュン、ハン・チェア
テレビ局:KBS
公式サイト http://www.kbs.co.kr/drama/gaksital/
話数:28話
最高視聴率:22.9%
視聴率ランキング:2012年 10位

みどころ:

1974年に発刊されたホ・ヨンマンの同名漫画「カクシタル」を原作にしたドラマ。日本の植民地時代である1930年代を背景に、愛国に燃えるカクシタル(花嫁の仮面)の活躍を描いた物語である。ドラマ「製パン王キム・タック」「烏鵲橋の兄弟たち」で好評を得たチュウォンが主人公イ・ガントを演じる。ガントの兄イ・ガンサン役で、「カインとアベル」以降3年ぶりにドラマ出演するシン・ヒョンジュンにも注目!

あらすじ:

朝鮮と日本の併合に功績のあった愛国の志士イゴンの告別式。警護にあたっていた刑事のイ・ガントは、遺体に石を投げつけて逃げていく女性を捕まえる。その女性は1カ月前に死刑宣告を受け、カクシタルの助けで法廷から脱出した独立軍隊長ダム・サリの娘オ・モクダンだった。しかし、イ・ガントが彼女を逮捕した瞬間、馬に乗り鉄の笛を振りまわしながらカクシタルが現れて…。


[スポンサーリンク]


登場人物:

イ・ガンド
鍾路警察署の刑事。非業の死を遂げた父のため、兄がいつか家紋を再興してくれることを夢見て苦労に耐える。貧乏な環境の中、自分は我慢して兄だけは京城第大法大まで送るが、頭のいい兄が独立運動のせいでおかしくなってしまう。そして、王の血統が支配する朝鮮でなく、大日本帝国に忠誠することを決心する。

 

オ・モクダン
極東サーカス団員 。奴脾出身独立軍の父を誇りとし、「私は、独立軍隊長タムサリの娘だ」と、自分を励ましながら生きてきた。その父を探して10歳という幼さで国境を越え、母が死に、自分も死の境地をさまよった。 その時命を救ってくれた男性にもう一度会いたい。そして、父を探し出したい。二人との再会が彼女の生きる目標になる。

 

キムラ・シュンジ
南山小学校教師。侍である父の息子として生まれ剣を学んだが、朝鮮人は未開の人間だと言う父の言葉に同意できず、剣を捨てて朝鮮の子供達を教える教師の道を選んだ。日本人だが京城で生まれ、朝鮮人乳母の母乳で育った。やがて、朝鮮の女性を愛するようになるが、彼女が慕う男性が親友でありカクシタルであることを知って狂っていく。

 

チェ・ホンジュ(ウエノ・エリ) 歌手
両班の一人娘。父が朝鮮独立軍に殺され、そのショックで母も死に、召使達に火をつけられて家も灰となる。生き残って両親の復習をするために9歳で芸者になり、影の実力者、上野秀樹の目にとまって幼女となる。厳しい教育を受け、カクシタルを殺せと言う命令を受けて朝鮮に来る。

情報掲載サイト
・Innolife.net < http://contents.innolife.net/listd.php?ac_id=3&ai_id=12722 
・Kstyle TOPIC < http://news.kstyle.com/topicNews.ksn?topicNo=966 >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング