韓国ドラマ「嵐の中へ」のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

韓国ドラマ『嵐の中へ』

 border=


『愛』とは、そしてー『野望』とは?

正反対の道を歩む二人の兄弟、そして、彼らが恋した女性たちのすれ違う運命を壮大なスケールで描いたシリアス巨編。


タイトル:嵐の中へ
ジャンル:恋愛ドラマ
キャスト:
ソン・ユナ、キム・ソクフン、キム・ミンジュン、オム・ジウォン、ユソン、パク・サンミョン
テレビ局:SBS
公式サイト http://www.kntv.co.jp/prog/detail/?p=1391
話数:24話
最高視聴率:20.8%
視聴率ランキング:2004年作品

みどころ:

『愛』とは、そしてー『野望』とは?
正反対の道を歩む二人の兄弟、そして、彼らが恋した女性たちのすれ違う運命を壮大なスケールで描いたシリアス巨編。
ユンソナ演じる、薄幸ながらも気丈にふるまうヒロインの美しさや、キム・ミンジュンがマッチョな肉体を駆使して挑んだ格闘技シーンなど、見所満載!

あらすじ:

捕鯨の名手ソンチョルと捕鯨船の船主の娘ジヨン。
彼らは愛し合い、その間には、ヒョンジュンとヒョンテという兄弟が生まれた。
しかし、時の流れで捕鯨は禁止。
家は没落してしまう。
それからというもの、プライドの高いジヨンは、夫にも、息子たちにも冷たく接してしまうようになった。
家庭には常に殺伐とした空気が漂う…。
そんな殺伐とした家庭の中、兄ヒョンジュンは努力を重ね、ソウルの名門大学に進学。
幼なじみで、ヒョンジュンの恋人のミソンは、彼の未来が輝かしくなったことを祝いながらも、上京することで彼の心が離れることを心配している。
そんな彼女を安心させるため、ヒョンジュンは彼女を両親に紹介した。
しかしそれが逆効果!
飲み屋の娘という理由から、ジヨンの激しい反対を受けてしまう。
そうして、ミソンはヒョンジュンに別れを告げた。
一方その頃、兄とは対照的で少年院帰りの問題児、ヒョンテは、喧嘩に明け暮れていた。
それでもようやく仕事に就くが、ミソンを助けようとして暴行事件を起こし、釜山に逃亡してしまう。
そして、彼はそこで、自分の運命の女性に出会ったー。
年上の女刺青彫り師、ジョンヒ。

ヤクザのボスに囲われる女だった。
そして時が経ち、ヒョンジュンは検事への道を諦め、造船会社に就職していた。
ミソンは、そんな彼が勤める造船会社の御曹司ソヌと結婚。
ヒョンテは、黙って去ったジョンヒを追ううちにひょんなことから格闘技の世界に入り込んでいた。


[スポンサーリンク]


登場人物:

チャ・ミソン
母親は、ウルジンで漁師相手の酒場を営むカン・インジュ。
父親は知らない。
その美貌で、人をひきつけてやまない。
ヒョンジュンと互いに思いを寄せ合ってきたが、ジヨンの反対もあって、ヒョンジュンに別れを切り出す。
ウルジンを離れた後は、ソウルのドンスン洞に移り住み、オーディションを経て劇団に入った。
女優になったものの、端役女優として苦しい毎日を送るうちに作曲家イ・ソヌと出会い、一緒に暮らすようになる。
そしてソヌとの間に子供が生まれて間もなく、ソヌが事故死。
その葬式でヒョンジュンと再会する。

 

キム・ヒョンジュン
苦しい幼少時代を送ってはきたが、幼い頃から秀才とよばれ、名門大の法学部を卒業。
最難関である司法試験にも合格した。
先の未来も明るく、司法研修員の頃、裁判所の試補になり国選弁護人を任される。
しかしそこで、弁護を引き受けた裁判の被告が無罪を主張し、自殺するという事件が起こった。
その事件が影となり、法曹界で生きることを断念。
故郷に戻り、過去に彼の元を去ったミソンと再会、周囲の反対を押し切って結婚するが、その結婚は、絶え間ない葛藤へと繋がっていく…。

 

キム・ヒョンテ
兄とは対照的に、高校すら卒業していない。
少年院でボクシングを習い、全国規模の大会で受賞するほどのファイターに成長した。
家族を愛しているが、いつも反抗的な態度を取ってしまう。
父親のソンチョルも、そんな、自分とよく似たヒョンテを煙たがる仕草を見せている。
ミソンが、兄と付き合いながらもウルジンの有力者アン・ドンスと付き合っていると誤解し、暴行事件を起こし、そのせいでウルジンを追われることに…。
そうしてプサンに辿り着き、10才年上の女性オ・ジョンヒと恋に落ちる。
だが長続きはせずすさんでいたところを、ボクシングを教わったヤン・グァンヨルと再会。
異種格闘技チャンピオンのスパーリングパートナーとしての道を歩み始める。

 

キム・ソンチョル
ヒョンジュンとヒョンテの父親。
ウルジンが捕鯨で活気に満ちていた頃、有名な捕鯨船の船員だった。
捕鯨が禁止になると食を失うが、捕鯨のできない海へ出ようとはせず、再び鯨を捕る日だけを夢見て暮らしている。
夢のため、港の片隅の船の修理工場で雑用をしながらお金をためる生活を続ける。
お金を貯めるため、ヒョンジュンの大学の入学金すら出さない。
すべては、いずれ捕鯨が解禁になり、再び捕鯨が出きるようになったら、即座に捕鯨船を買うためにー。

 

ソン・ジヨン
かつてウルジンで最大規模を誇る捕鯨船の船主を父にもつ、ヒョンジュンとヒョンテの母親。
誰もが認める捕鯨の実力を認めて荒くれ者のソンチョルと結婚したが、後に、「1度も夫を愛したことなどなかった」と公言。
失ったプライドを取り戻す唯一の方法としてヒョンジュンの未来に賭けていたので、そのヒョンジュンが酒場を営むカン・インジュの娘ミソンを愛するのが許せず、ミソンに癒えない傷を負わせて別れさせた。

 

アン・ドンス
ウルジン一の大きい漁場を持つ船主の息子。
ヒョンジュンの高校の先輩。
お金を扱う技術は天下一品。
現在では、非情で用意周到、不動産投資で大金を手に入れ、郷里では名の知れた有力者である。

 

オ・ジョンヒ
刺青彫り師。
故郷を追われたヒョンテに同情し、優しく彼を包み込んでくれた女性。
ヤクザに囲われる生活を送っており、やむを得ずヒョンテを避けている。
ヒョンテの精神的な支えであり、彼女自身もヒョンテをあいしているが…。

 

ユ・ジンギョン
ヒョンジュンの大学の後輩。
後に、ヒョンジュンの司法研修員の同期となり、司法試験、公認会計士など難関と呼ばれる試験も簡単にパスするほどの秀才。
現在では、女性でありながら国内有数の会計法人に勤める才女である。
実は大学の頃からヒョンジュンを愛していたが、彼にはミソンしかいないと知り、絶望する。

 

コン・スチャン
ウルジン一の鯨肉店の息子。
ヒョンテの遊び仲間で、同じように少年院を出たり入ったりしていた。
そのためヒョンテとは、お互いのためなら命も投げ出すほどの友情で結ばれている。
ヒョンテが故郷を追われると、家の金を持ち出し、ヒョンテの後を追うことに。
家族から見捨てられたヒョンテに暖かく接し、ことあるごとに彼を助ける兄貴的存在。

 

カン・インジュ
ミソンの母親。
ウルジンで船乗りを相手に、女手一つで酒場を営む。
港町をさすらっていた頃、遊び人と出会いミソンを生むことにー。

 

ヤン・グァンヨル
ヒョンテが少年院で出会った、ボクシングのコーチ。
ヒョンテの才能を見抜き、彼に正式にボクシングを教えてくれた恩人。
ボクシングの人気が陰りを見せると、日本に渡って異種格闘技のコーチに。

 

キム・ギホ
ヒョンジュン、ヒョンテの叔父にあたる。
水産物市場で冷凍業と高利貸し業で財を成した。
ソンチョルに頼まれヒョンテの世話を引き受けるが、ヒョンテの愛したジョンヒに下心を持ち、二人を別れさせる。

 

イ・ジョンヨン
失恋の痛みを忘れるために東南アジア旅行を決行。
その先でムエタイの選手となったヒョンテと出会い、恋に落ちる。
ヒョンテの辛い人生を包み込む包容力をもっている。

情報掲載サイト
・KNTV < http://www.kntv.co.jp/prog/dra/p0126.php >
・韓国ブロードバンドチャンネル! KoreanTime < http://www.showtime.jp/special/korea/storm/ >
・嵐の中へ 【韓国ドラマ情報】 - goo 動画 < http://bb.goo.ne.jp/special/korea/drama-movie/KDS20040048/index.html >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング