韓国ドラマ『アラン使道伝』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『アラン使道伝』

イ・ジュンギ、シン・ミナ「アラン使道伝」 フィルムコミック 1巻 (韓国版)

価格:1,944円
(2014/11/12 14:39時点)


タイトル:アラン使道伝(サトデン)
ジャンル:ファンタジー時代劇
キャスト:
イ・ジュンギ、シン・ミナ、ユ・スンホ、ヨン・ウジン
テレビ局:MBC
公式サイト: http://www.aransato.jp/
話数:20話
最高視聴率:14.5%
視聴率ランキング:28位

みどころ:

慶尚南道の密陽、嶺南棲にまつわる伝説「アラン伝説」を基にした物語。
生きている者の世界と死者の世界を往来しながら繰り広げられる、人間の喜怒哀楽とそこに込められた人生哲学を軽妙かつ意義深く演出する。
イ・ジュンギが除隊後復帰第一作として選んだ作品で、幽霊が見えるが幽霊嫌いなイケメン使道ウノ役を演じる。
生前の記憶を失くして、自分が何者なのかを知りたい女幽霊アランは「僕の彼女は九尾狐<クミホ>」のシン・ミナが演じる。

あらすじ:

前宰相の庶子ウノは、消息不明の母親を捜しに訪れた密陽で、自分がどうして死んでしまったのかわからない記憶喪失の幽霊アランと出会う。
幽霊が見えるというウノの能力に気づいたアランは、自分が誰なのかを知るために協力してほしいと依頼する。
面倒に巻き込まれたくないウノは、自分を地方官「使道(サト)」にすることができたら協力すると無茶な条件を出すが、アランは画策してウノを使道に任官させる。
ある日、ウノはアランが持つかんざしが自分の母のかんざしと同じものだと気づき…。


[スポンサーリンク]


登場人物:

アラン
現世をさまよい、自分が誰なのか知りたがっているお転婆でお茶目な幽霊。人間だったころの記憶がなく、あの世の使者ムヨンに追われながらも、自分が誰かを見つける手助けをしてくれる人を探しまわる。ウノと出会い、共に事件を解決しながら、失くした記憶を取り戻すため過去をたぐり寄せていく。しかし、ついに突き止めた過去はあまりに厳しいものだった。絶望したアランは、全てがひとつの大きな真実に関わっていることを知り驚愕する。

 

ウノ
先の宰相キム・ウンブの庶出の子。世事には関心がなく、退屈すると全国を放浪する。子供の頃から幽霊が見え、触ったり会話もできて、追い払うのも手馴れたもの。冷たく自己中心的に見えるが、実は優れた知能と洞察力、そして優しさの持ち主。そんなウノの最大の弱点は三年前に姿を消した最愛の母で、今も秘かに探し続けている。アランに誘導され、不本意ながら使道の役職に就いたウノは、密陽で運命的な事件と向かい合うことになり…。

 

チェ・ジュワル
チェ大監家の御曹司。女性に絶対的人気を誇る容姿端麗でクールな秀才だが、10数年間、外貌からは想像もできない、残忍な暗い本能をひた隠しにしてきた。だが、アランが現れてから、理解できない不安感と激しい感情が彼を揺らし始め、静かだった心に大きな感情の波が押し寄せて来た。

情報掲載サイト
・BSジャパン < http://www.bs-j.co.jp/aransato/ >
・Kn TV < http://www.kntv.co.jp/prog/detail/?p=24371 >
・BS11 < http://kandera.jp/sp/arang/ >
・wikipedia < http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%B3%E4%BD%BF%E9%81%93%E4%BC%9D >
・Kstyle TOPIC < http://news.kstyle.com/topicNews.ksn?topicNo=1414 >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング