韓国ドラマ『運命の誘惑 』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『運命の誘惑 』

運命の誘惑 DVD-SET1[DVD]【D2012/9/5発売】[5枚組]

価格:18,360円
(2014/11/12 14:46時点)


タイトル:運命の誘惑
ジャンル:愛憎劇
キャスト:
イ・ミスク、カン・ミンギョン、イ・ジェファン、ユン・ジョンヒ
テレビ局:SBS
公式サイト http://www.bs-j.co.jp/unmei/
話数:50話
最高視聴率:15%
2010年作品

みどころ:

3組の親子の、母と娘のそれぞれの愛情などが描かれている作品。

あらすじ:

シン・ダルレはカンヌ国際映画祭で女優賞を獲り、その母親であるチョ・ボッキは栄光を手にしていました。
母のボッキは、長女ダルレを女優にするために全てを捧げて今まで生きてきました。
幸せを感じていたボッキでしたが、受賞パーティに娘の姿が見えません。

 

ダルレは新聞社の記者であるヨヌに会うためにパーティ会場を抜け出して会いに行っていたのでした。
ところが母親に見つかって連れ戻されてしまいます。

 

ダルレが会場に戻り安心したボッキは、あとは息子を国会議員にすることが夢でした。
その母親の夢のためにダルレはク・ヒョンセと婚約をさせられていたのです。
パーティが始まりダルレはトロフィーを持って挨拶を始めます。
お母さん、もうやめよう、許してと言ってトロフィーを割ったダルレはその破片で手首を切ってしまいます。

 

話はさかのぼり2年前、ボッキは自分の叶わなかった夢を2人の子供たちに託し必死になっていました。
息子のモルは議員に、ダルレをトップ女優にするためダルレの撮影現場について回ります。
ある日、主演女優と口論にたったボッキ。
怒った女優が何度も演技に見せかけてダルレに平手打ちをしてきます。
それを見たボッキはその女優に水をかけ叩いてしまい、その様子をカメラにとられてしまいます。

 

ボッキのせいでドラマを降板させられたダルレは落ち込んでいましたが、ヨヌから励ましの言葉をもらいまた頑張って女優を続けることに。
そんな中、歌手マイクのPV出演の話がくるのですが・・・


[スポンサーリンク]


登場人物:

チョ・ボッキ
娘に全てを捧げている母親。

 

シン・ダルレ
ボッキの娘で女優。

 

シン・モル
ボッキの息子でダルレの兄
議員補佐官。

 

カン・シニョン
モルの妻
翻訳家。

 

情報掲載サイト
. TSUTAYA < http://www.tsutaya.co.jp/works/10327716.html >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング