韓国ドラマ『神と呼ばれた男』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『神と呼ばれた男』

【後払いOK】【2500円以上送料無料】神と呼ばれた男 ノーカット版 DVD-BOXI/ソン・イルグク

価格:16,416円
(2014/11/12 14:16時点)


タイトル:神と呼ばれた男
ジャンル:アクションロマンス
キャスト:
ソン・イルグク、ハン・チェヨン、キム・ミンジョン、ハン・ゴウン
テレビ局:MBC
公式サイト http://kamiotoko.ponycanyon.co.jp/
話数:24話
最高視聴率:15.8%
2010年作品

みどころ:

家族の仇をうつために生きてきた男が、運命的な出会いをして変わっていく作品。

あらすじ:

テフングループの会長であるカン・テホは国際石油会議に出席する為ハワイを訪れていました。
しかし、それは表向きの理由で本当は国際武器商たちと密輸取引をするためにハワイに来たのでした。
マイケル・キングはそのことを知っていて、カン会長に復讐するために自分の罪を明らかにするよう脅しをかけます。
カン会長はマイケルの両親の仇だったのです。
25年前に父を殺されたマイケルは、犯人グループを目撃しており、その中の1人がカン会長でした。
カン会長はマイケルの脅しを無視します。

 

そこでマイケルは船に乗り込んだカン会長を殺そうとしますが、ボートで逃げられてしまいます。
そのボートは爆発、これも計算の内だったのです。
その爆発に巻き込まれた記者のチン・ボベを助けたマイケル。
自分の復讐に関係ない人を巻き込みたくなかったのです。

 

次にマイケルが狙ったのはヨンビグループのチャン会長でした。
まずチャン会長の娘に近づきます。
キャッスルホテルのパーティが開かれ、チャン会長親子とマイケルが出席します。
そこにボべ記者もやってきますが、ドレスではなかったため入れません。
それを見ていたマイケルは、ドレスを用意してダンスの相手にボべを指名するのでした。


[スポンサーリンク]


登場人物:

チェ・ガンタ(マイケル・キング)
キャッスル社投資顧問
ピーターパン。

 

チン・ボベ
月刊誌記者。

 

ファン・ウヒョン
国家情報院特殊要員。

 

ビビアン・キャッスル
キャッスルグループ代表。

 

情報掲載サイト
・DATV < https://datv.jp/p000117/ >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング