韓国ドラマ『太陽がいっぱい』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『太陽がいっぱい』

タイトル:太陽がいっぱい
ジャンル:ラブストーリー
キャスト:
ユン・ゲサン、ハン・ジヘ、チョ・ジヌン
テレビ局:KBS
公式サイト http://www.kbs.co.kr/drama/thesun/
話数:16話
初回視聴率:3.7%
2014年作品

みどころ:

ダイヤモンドを巡り起きた殺人事件、事件に関係する複雑な恋愛が描かれた作品。

あらすじ:

2008年、チョン・セロは詐欺師の父親を持ち韓国で就職しようとしています。
外務試験最終結果発表を控えているセロ。
韓国で一緒に暮らすため、タイ行の飛行機に乗ります。

 

その頃、ジュエリーブランドのデザイナーであるハン・ヨンウォンはコンテストのために、恋人であるウジンとタイに向かいます。
そこへセロの父親がやってきて、ヨンウォンのダイヤモンドを盗みます。
ダイヤモンドが盗まれたことに気づいたウジンは、セロの父を追いかけますが、逃げ切られてしまいます。
セロは、約束を破りまた盗みを働いた父親に怒りを隠せません。

 

セロがドジュンの店に行くと、そこにはウジンが拉致されていました。
ウジンが部屋を出ようとした時、ライフルで撃たれてしまいます。
驚いたセロはウジンの出血をなんとか抑えようとしますが止まりません。
その時、ウジンの携帯が鳴り、電話に出たセロは住所を教えます。
その電話はヨンウォンからものもでした。

 

ウジンを抱えたセロの元に、父親の友達だと名乗る女性がやってきます。
そして、今すぐにこの場から離れることと、父親が自己にあったことを告げるのでした。

 

ウジンは救急車でセロの父と同じ病院に運ばれます。
そこでセロは泣いているヨンウォンを見かけます。
殺人犯に仕立てられたセロは刑務所に入れられますが、5年が経ち出所し、復讐を始めようとしていました。

 


[スポンサーリンク]


登場人物:

チョン・セロ(イ・ウンス)
二重の人生を送る男性。

 

ハン・ヨンウォン
ジュエリーブランドのチーフデザイナー兼会社代表。

 

パク・ガンゼ
ベテラン詐欺師。

 

情報掲載サイト
・ワウコリア < http://www.wowkorea.jp/profile/200445.html >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング