韓国ドラマ『赤と黒』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『赤と黒』

赤と黒 スリムDVD-BOX【ノーカット版】

価格:25,704円
(2014/11/12 11:45時点)


タイトル:赤と黒(悪い男)
ジャンル:ラブサスペンス
キャスト:
キム・ナムギル、ハン・ガイン、キム・ジェウク、オ・ヨンス
テレビ局:SBS
公式サイト http://akakuro.net/
話数:17話
最高視聴率:8.4%
2010年作品

みどころ:

これぞ「ラブサスペンス」の醍醐味!“ミステリアス”&“怒涛”の展開に引き込まれる!

あらすじ:

彼氏の母親に『不釣り合い』との理由で、反対されたジェイン。

 

悲しい思いを堪えながら車を運転していました。
そんな時、注意不足によって男を轢いてしまいました。

 

動揺しながらも救急車を呼ぼうとしましたが、男は立ち上がり歩いて行ってしまう。
突然、女の悲鳴に気をとられると男がいない。

 

同時刻、女性が近所のマンションで、転落死してしまい、警察は自殺・他殺の二つで捜査を開始しました。

 

ジェインは、韓国でも巨大な財閥である“ヘシングループ”の会長夫人が営むギャラリーで、アートコンサルタントとして働いていて、出張先の済州島で開かれている次女のモネの誕生日パーティーに招かれました。

 

そして、クルージングを楽しむモネと姉のテラが乗るヨットにスカイダイビングで舞い降りて、姉妹と運命の出会いを果たしたスタントマンでもあるゴヌク。

 

自分に興味を持ち始めているモネに接触すると、婚約者であるオム常務に愛人がいることを話してしまう。

 

幼い頃に親の愛情を受けずに、ヘシングループの後継者である『ホン・テソン』として育てられたゴヌク。

 

ニセモノと分かると口汚く罵られ、容赦なく追い出されるという辛くて悲しい過去を抱えていたのだった。


[スポンサーリンク]


登場人物:

シム・ゴヌク(チェ・テソン)
スタントマン、一時ヘシングループで育てられる
子供の頃の飼い犬はトルドル

 

ムン・ジェイン
ギャラリーのアートコンサルタント

 

ホン・テソン
ヘシングループ次男、愛人の息子

 

ホン・テラ
ヘシングループ長女

 

情報掲載サイト
・「赤と黒」のあらすじと感想、動画情報 < http://hanryu-drama.com/drama/bad_guy/ >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング