韓国ドラマ『大望』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『大望』

18世紀の朝鮮半島を舞台に、豪商の息子である2人の兄弟がそれぞれの利益のために激突する。

タイトル:大望
ジャンル:武闘派時代劇
キャスト:
チャン・ヒョク、ハン・ジェソク、イ・ヨウォン、パク・サンウォン
テレビ局:SBS
公式サイト http://www.kntv.co.jp/prog/detail/?p=3241
話数:26話
最高視聴率:20.6%
2002年作品

みどころ:

18世紀の朝鮮半島を舞台に、豪商の息子である2人の兄弟がそれぞれの利益のために激突する。

あらすじ:

18世紀の朝鮮半島、横柄な権力者の横暴により、人々は生活を圧制され、貧しくなる一方でした。

 

公設な市場と闇市が両立する混乱した時代の中で、パク・フィチャンが国の経済を制していた。

 

そんなフィチャンの父は、下級役人でしたが、フィチャン自身は夢を追い続け、巨万の富を築いたのでした。

 

かつて深い山奥で、男の赤ん坊を産んだ女がいました。

 

そして女は赤ん坊を背負い、密かに商家を訪れました。

 

その商家の主はフィチャンで、フィチャンこそが子供の父親で母親の女はフィチャンの家で召使いをしていた女だったのです。

 

フィチャンには性格の異なった二人の息子がいました。

 

十年後、兄のシヨンは、退屈を嫌い中国武術が大好きな少年になり、弟のチェヨンは、喧嘩が嫌いな友達思いの少年に育っていました。

 

二人の兄弟は、家業を手伝っておりましたが、野心家の商売人である父は、チェヨンが身分の低い者と付き合うのが気に入りません。

 

そしてある日、チェヨンの友人三人が、判伊(ハンユン)一家殺害の罪で投獄されてしまいます。

 

それはチェヨンにとっては、苦難の始まりであった。


[スポンサーリンク]


登場人物:

パク・チェヨン(ムヨン)
商人フィチャンの次男

 

パク・シヨン
商人フィチャンの長男

 

ユン・ヨジン
チェヨンの初恋の相手、漢城判尹の娘、医女

 

パク・フィチャン
シヨンとチェヨンの父、商人

 

情報掲載サイト
・アジアドラマチックTV < http://www.so-netme.co.jp/adtv/content/kd_SO0000004760.html >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング