韓国ドラマ『幻の王女 チャミョンゴ』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『幻の王女 チャミョンゴ』

[DVD] 幻の王女チャミョンゴ DVD-BOX 最終章

価格:13,046円
(2014/11/10 16:28時点)
感想(1件)


タイトル:幻の王女 チャミョンゴ
ジャンル:時代劇
キャスト:
チョン・リョウォン、チョン・ギョンホ、パク・ミニョン、ムン・ソングン
テレビ局:SBS
公式サイト http://www.bsfuji.tv/jamyung/
話数:39話
最高視聴率:12.1%
2009年作品

みどころ:

美しく そして、強い 古代朝鮮を舞台にしたヒロイン時代劇!

あらすじ:

楽浪は、西暦18年の漢の統制下にあった。

 

太守ユ・ホンの悪政へ民の不満は募っていき、朝鮮族の将軍チェ・リとワン・ゲンは兵をまとめ、朝鮮国を再び繁栄させる事を計画するのでした。

 

そんな中で、朝鮮族の将軍チェ・リの出産を迎えていた二人の夫人に天文官チャムクは、「チェ・リの娘は、楽浪を滅ぼす」と予言し、太守ユ・ホンは、チェ・リの娘を殺すように命じるのでした。

 

そして、二人の夫人たちは偶然にも同じ日に、娘を出産します。

 

我が子を王にしたい画策を持つ第二夫人ワン・ジャシルによって、第一夫人のモ・ハソが産んだ娘が殺される事に。

 

しかし、反抗したハソに、焦ってしまったジャシルは、娘の胸をかんざしで突き刺すのでした。

 

そして、チャミョン(自鳴)と名付けられた娘は、乳母の幼い息子イルプムと一緒に船で海に流されます。

 

それとは別に、領土を拡大しようと燃えている高句麗の王ムヒュル(大武神王)は、豊かな楽浪の地を手に入れようと望んでいました。

 

そんな父の野望を耳にしたホドンは、いつか楽浪の地を父に献上する事を誓います。

 

しかし、ムヒュルの第一夫人メソルスは、自分に冷たい夫への不満からホドンを妬み、憎しみを抱くようになるのでした。


[スポンサーリンク]


登場人物:

チャミョン(プク)
楽浪国の王女、技芸団員

 

ホドン
高句麗の王子

 

ラヒ
楽浪国の王女、チャミョンの異母姉

 

大武神王(ムヒュル)
高句麗の王、ホドンの父

 

情報掲載サイト
・KNTV < http://www.kntv.co.jp/prog/detail/?p=9303 >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング