韓国ドラマ『風の絵師』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『風の絵師』


18世紀に実在した二人の天才絵師と現存する彼らの名画をベースに、大胆な着想を交えて紡ぎ出した新しい歴史ドラマ!


タイトル:風の絵師
ジャンル:歴史
キャスト:
パク・シニャン、ムン・グニョン、リュ・スンリョン、ムン・チェウォン
テレビ局:SBS
公式サイト http://www.bs4.jp/guide/drama/painter/
話数:20話
最高視聴率:16.1%
2008年作品

みどころ:

18世紀に実在した二人の天才絵師と現存する彼らの名画をベースに、大胆な着想を交えて紡ぎ出した新しい歴史ドラマ!

あらすじ:

18世紀 李氏朝鮮時代の1776年頃、王の肖像画を描いた元老画員が謎の死を遂げ、その事件を調べていた画員らが殺されるという殺人事件が次々に起こりました。

 

 

その事件から十年後、王室の画事を任されている図画署は、絵師を目指している生徒達で活気に溢れていた。

 

仲間達から問題児扱いのシン・ユンボクは、みんなの中でもズバ抜けている才能を持っていました。

 

中堅画員のキム・ホンドと、新人のシン・ユンボクの才能を喜ぶ王に対して二人は、国民の貧しい生活状況を訴えますが、それを不快に思う臣下達が二人を消そうと企て、二人は宮廷から追放されるのでした。

 

追放される二人に王は、十年前に描かれた王の肖像画を探すよう密命を出します。

 

 

ある日、写生へ出掛けたユンボクは、山奥の民家で一人の女を見つけます。

 

女の木陰に佇む後ろ姿に興味を持ったユンボクは、夢中で筆を走らせますが、女に気付かれて逃げ出しました。

 

なんとその女は、かつて宮中から逃げ出していた王大妃だったのでした。

 

女は正祖に知られる事を恐れて、家来達に絵の描き手を見つけるように厳命します。

 

二人は陰謀と危機を潜り抜けて、肖像画を見付け出し、十年前の殺人事件の秘密を明らかにする事ができるのだろうか・・・。


[スポンサーリンク]


登場人物:

キム・ホンド(檀園)
天才画家

 

シン・ユンボク(ソ・ユン)
ホンドの弟子、天才画家、図画署の生徒

 

キム・ジョニョン
商人、市場の大行首

 

チョンヒャン
妓生(キーセン)、琴の名手

 

情報掲載サイト
・BS11 < http://www.bs11.jp/drama/1858/ >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング