韓国ドラマ『武人時代』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『武人時代』

全巻セット【送料無料】SS【中古】DVD▼武人時代(79枚セット)第1話~第158話完結【字幕】▽レンタル落ち【韓国ドラマ】【P06Dec14】

価格:99,999円
(2014/12/8 09:33時点)
感想(0件)


タイトル:武人時代
ジャンル:歴史
キャスト:
ソ・インソク、キム・フンギ、パク・ヨンウ、イ・ドクファ
テレビ局:KBS
公式サイト http://bujinjidai.com/
話数:158話
最高視聴率:-
2003年作品

みどころ:

高麗時代を駆け抜けた武人たちの熱き魂が甦る!

あらすじ:

1170年 高麗時代。

 

18代王・毅宗(ウィジョン)は、文臣達と深酒に浸る毎日を送っており、その陰では武臣達から酷い対応をされていた。

 

毅宗の気紛れに付き合わされることもあり、上将軍チョン・ジュンブは屈辱を受け、以前から不服を持っていた牽龍行首(キョルリョンヘンス)イ・ウィバン、散員(サノン)イ・ゴ等の意見を聞き入れて、挙兵を試みた。

 

普賢院(ポヒョノン)が到着した際に、毅宗の手下の文臣達を全員皆殺しにして、堕落の張本人である奸臣ハン・レを毅宗の前で殺します。

 

普賢院(ポヒョノン)で挙兵したイ・ウィバンは、巡検(スンゴム)軍散員(サノン)チェ・ウォンと共謀して、王宮の鎮圧に向かいます。

 

緊急事態に気付いた毅宗(ウィジョン)の寵姫ムビは、王印を手にし、内密に王宮から脱出します。

 

そしてチョン・ジュンブは、毅宗を同行して王宮に戻り、事態の整理しようとしますが、それに対しイ・ウィバンは、快挙がただの反乱になると言い反対するのでした。

 

そんな中、毅宗は宦官達を使いイ・ウィバン等を騙し討ちにしようとしますが、失敗に終わってしまうのでした。


[スポンサーリンク]


登場人物:

イ・ウィバン
武臣政権第1の執権者

 

チョン・ジュンブ
武臣政権第2の執権者

 

キョン・デスン
武臣政権第3の執権者

 

イ・ウィミン(金剛夜叉)
武臣政権第4の執権者

 

情報掲載サイト
・BS日テレ < http://www.bs4.jp/drama/bujinjidai/ >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング