韓国ドラマ『百済の王 クンチョゴワン』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『百済の王 クンチョゴワン』

朱蒙(チュモン)の王妃ソソノが、高句麗を去り百済を建国するところからストーリーが始まる。

 

タイトル:百済の王 クンチョゴワン
ジャンル:時代劇
キャスト:
カム・ウソン、キム・ジス、イ・ジョンウォン、アン・ジェモ
テレビ局:KBS
公式サイト http://www.bs4.jp/drama/kingbaekje/
話数:60話
最高視聴率:12.9%
2010年作品

みどころ:

朱蒙(チュモン)の王妃ソソノが、高句麗を去り百済を建国するところからストーリーが始まる。

あらすじ:

百済第十一代であるピリュ王と第二王妃チン妃の二人の間に誕生した第四王子のプヨグ(後の近肖古王である)。

 

予知夢によって王になる気質を持ち生まれたと神から導かれたのだが、チン氏勢力がプヨグを支持して、第一王妃ヘ妃を応援しているへ氏勢力と対立することにより、国力が鎮まるのを恐れた父王の判断によって幼少期に王宮から追放され塩商人として育つのでした。

 

そんな身分でしたが気丈に成長したプヨグでしたが、偶然にも敵対している国の高句麗のサユ王に矢を射ってしまう手柄をたててしまいました。

 

だが、父王のピリュには不要な事をしたと 叱り付けられ、再度王宮より追放されるのでした。

 

再び追放されてしまったプヨグは、遼西(現在の中国)に到着したが、そこで扶余(朱蒙が生まれた国)復興を熱望する扶余王の末裔であるウィ・ビランとウィ・ホンナン兄妹に出会います。

 

一方、以前プヨグと結婚を約束したプヨファ姫は、百済の王座を狙っている父親のプヨジュンの手により、高句麗のサユ王に差し出されるのでした。


[スポンサーリンク]


登場人物:

プ・ヨグ、クンチョゴワン(近肖古王)
百済第13代王、プ・ヨテの四男

 

プ・ヨファ
プ・ヨグの第1王妃、プ・ヨジュンの娘

 

サユ(斯由)
高句麗第16代王、故國原王

 

チン・スン
プ・ヨグの従弟、側近

 

情報掲載サイト
・DVD公式サイト < http://geunchogo-wang.siteinfo.jp/ >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング