韓国ドラマ『快刀ホン・ギルドン』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『快刀ホン・ギルドン』


韓国の国民的ヒーロー洪吉童の物語を現代的に大幅にアレンジした“フュージョン時代劇”

タイトル:快刀ホン・ギルドン
ジャンル:時代劇
キャスト:
カン・ジファン、ソン・ユリ、チャン・グンソク、パク・サンウク
テレビ局:KBS
公式サイト http://www.kbsworld.ne.jp/drama/detail.php?cno=249
話数:24話
最高視聴率:16.2%
2008年作品

みどころ:

韓国の国民的ヒーロー洪吉童の物語を現代的に大幅にアレンジした“フュージョン時代劇”

あらすじ:

この物語は朝鮮時代のお話。

 

王グァンフィの独裁体制の下で、人々は貧困と 酷しい身分制度に苦しんでいました。

 

町で有名な、ならず者ホン・ギルドンも、両班の父親を持ち、愛人の子だったので使用人として細々と暮らしていました。

 

ある日ギルドンは、自由な生活を夢見て清へ行くことにしました。

 

町で出会った薬売りのホ・イノクから、言葉を習います。

 

一方イノクは、清から一緒の船で帰国した謎めいた青年のチャンフィと町で再会をしたが、冷たくあしらわれてしまうのでした。

 

イノクは、チャンフィの鳳凰のかんざしを偶然にも拾い、そのかんざしを着けて娼館へ行きます。

 

そこにいたギルドンの義兄であるイニョンの怒りにふれたため、ギルドンと一緒に官軍に追われてしまうのでした。

 

しかし、チャンフィから助けられ二人は城外へ脱出し、麻谷寺に身を隠すことに。

 

その夜ギルドンは、寺付近で瀕死状態の盗賊団の党首を発見する。

 

党首はギルドンに夜明棒を託して、仲間を助けてくれるように頼み息を引き取ります。

 

翌朝チャンフィは、かんざしを取り戻す為に、イノクを尾行するのですが、イノクは好意を持たれていると勘違いするのでした。


[スポンサーリンク]


登場人物:

ホン・ギルドン
義賊、愛人の息子

 

ホ・イノク
ギルドンの相棒、薬売り

 

イ・チャンフィ
先王の嫡子、ヨンムン商団の長

 

シム・スグン
ギルドンの仲間

 

情報掲載サイト
・BS朝日 < http://www.bs-asahi.co.jp/hongirudon/index2.html >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング