韓国ドラマ『海雲台(ヘウンデ)の恋人たち』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『海雲台(ヘウンデ)の恋人たち』


元組織暴力団員の父を持つコ・ソラと完璧主義の検事イ・テソンのロマンスを描いたドタバタ☆ラブストーリー!

タイトル:海雲台(ヘウンデ)の恋人たち
ジャンル:ラブストーリー
キャスト:
キム・ガンウ、チョ・ヨジョン、チョン・ソグォン、ナム・ギュリ
テレビ局:KBS
公式サイト http://www.kntv.co.jp/prog/detail/?p=24740
話数:16話
最高視聴率:11.3%
2012年作品

みどころ:

元組織暴力団員の父を持つコ・ソラと完璧主義の検事イ・テソンのロマンスを描いたドタバタ☆ラブストーリー!

あらすじ:

イ・テソンはソウル地検の強力部で検事をしていました。

 

横柄な完璧主義者でとにかく押しが強く、暴力団のことが大嫌いな一面を持っていました。

 

コ・ソラは暴力団の組長を努めた父親の世話をしながら、プサンにて父親の元子分たちと『サムチョン水産』を経営しています。

 

活サバに針を打ち気絶させて、とてつもない鮮度を保つことができる技術を持っていました。

 

テソンは、麻薬の大物密売人を追いナイトクラブに潜伏します。

 

そして活発なグァンスンを取り戻しに来ていたコ・ソラを、密売人の愛人だと勘違いしてしまいます。

 

テソンは、麻薬密売人のオ・ジョンチョルを捕まえようと、『ナムヘ』という嘘の名前でサムチョン水産に泊まりソラを監視するのでした。

 

テソンはソラとオ・ジョンチョルが接触する瞬間をひたすら待つのですが、その時、遂にチャンスがきました。

 

海雲台ホテルでイベント出演後、帰る途中でソラは婚約者に会いに行くのですが、テソンはオ・ジョンチョルに会いに行ったと勘違いして、中国料理の出前バイクを捉まえて後を追わせるのでした。


[スポンサーリンク]


登場人物:

イ・テソン(ナメ)
ソウル地検検事

 

コ・ソラ
サムチョン水産の実質経営者

 

チェ・ジュニョク
海雲台ホテル副社長、弁護士

 

ユン・セナ
テソンの妻、シューズデザイナー

 

情報掲載サイト
・BS11< http://www.bsfuji.tv/heunde/ >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング