韓国ドラマ『鄭道伝チョン・ドジョン』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『鄭道伝チョン・ドジョン』


朝鮮の功臣と呼ばれた人物を描く歴史超大作

タイトル:鄭道伝チョン・ドジョン
ジャンル:歴史
キャスト:
チョ・ジェヒョン、ユ・ドングン、パク・ヨンギュ、ソ・インソク
テレビ局:KBS
公式サイト http://www.kbsworld.ne.jp/drama/detail.php?cno=605
話数:50話
最高視聴率:14.4%
2014年作品

 

みどころ:

朝鮮の功臣と呼ばれた人物を描く歴史超大作

あらすじ:

鄭道伝は、譲歩しない荒々しい面を持っており、儒教の教えに逆らう者や、異端者は構わず処罰していた。

 

鄭道伝の改革は、恩師の李穡や、弟子の李崇仁などの数多くの友人たちにも反感を買いましたが、鄭道伝は容赦なく粛正し、李崇仁を殺し、李穡も謎の死を遂げるのでした。

 

特に李穡に対する仕打ちはこれ程にないくらい凄まじく、朝廷にて李穡を島流しの刑にする案が出るとすかさず鄭道伝は、流刑地を無人島にしようとするのでした。

 

しかし役人が「その島に人は住んでいない」と難色を示すと、鄭道伝は「だからこそ無人島へ島流しすることは、海に投げ入れられることと同じである」となんとも恐ろしいことを言い出すのでした。

 

だが、李穡の流刑地は別の島に決まってしまい鄭道伝の計画は座絶するのでした。

 

そして鄭道伝は人を一度憎むと許さない性格でした。

 

鄭道伝の母である禹氏の母は、奴隷と僧の間に生まれた卑しい身分でした。

 

士大夫の禹玄寶は、禹氏の一族であって鄭道伝の両親を知っていたので、鄭道伝は自分の出生を知っている禹玄寶が噂を流したと思い込み、禹玄寶の息子三人も殺すのでした。


[スポンサーリンク]


登場人物:

チョン・ドジョン
朝鮮建国の功臣

 

イ・ソンゲ
朝鮮王朝初代王

 

イ・イニム
守旧派の台頭

 

チェ・ヨン
勲旧派の忠臣

 

情報掲載サイト
・wikipedia < http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%84%AD%E9%81%93%E4%BC%9D >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング