韓国ドラマ「レディプレジデント~大物」のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

韓国ドラマ「レディプレジデント~大物」

【送料無料】 レディプレジデント~大物 <完全版> Vol.5 【DVD】

価格:2,916円
(2014/11/10 12:44時点)
感想(0件)

視聴率ランキング:72位

最高視聴率:30.3%

みどころ: 2010年SBS演技大賞7部門受賞した作品。正義感溢れる検事が、普通のおばさんから政治家となったヒロインを支え、韓国初の女性大統領となる彼女と共に、政敵や社会悪に立ち向かう姿を描く。クォン・サンウの魅力が全開!

タイトル:レディプレジデント~大物

ジャンル:恋愛ドラマ
キャスト:

クォン・サンウ、コ・ヒョンジョン、チャ・インピョ、イ・スギョン

テレビ局:SBS
公式サイト http://www.bsfuji.tv/top/pub/lady_p.html
話数:30話

あらすじ:

熱血検事の一途な想いに支えられ、韓国初の女性大統領がここに誕生!

 

普通の女性が、様々な苦難を経て、大統領になってゆくまでの波瀾万丈の人生がここから始まる…!
アナウンサーの採用試験を受けるため、会場へ向かっていたソ・ヘリム。
彼女はその道中で、不良少年だったハ・ドヤと知り合う。
時が経ち、ドヤはコムタン店を経営している父親が地元の政治家に馬鹿にされている様子を見て、検事を目指そうと決意。

 

一方、ヘリムはといえば、夫をアフガニスタンで殺害され、その時の韓国政府の対応に怒り心頭に発して担当していた番組内で政府を批判。そのために放送局を解雇されてしまう。こうなったら地元のために何かをしようと、環境を守るため、地元住民と共に開発に反対する運動を始める。そうしてその姿を認めた与党民友党の議員カン・テサンに国会の選挙に出馬する様強く勧められ、国会議員に見事当選したのであった。 韓国ドラマ「大物」OST

 

しかし、まっすぐすぎるヘリムは、周囲の国会議員たちと上手く連携することができない。
「もっと、自分の能力を生かせる道を!」
そう考えたヘリムは議員を辞職する意志を固め、次は地元の知事選挙に出馬。
これも見事当選し、今回は見事に道庁職員の心を掴んで、財政立て直しに成功する!
そうしてやっと自分の居場所を作れたと思えば…今度は選挙中の行動が問題視され、知事を辞職刷る羽目に。
「こんな世の中を変えていかないと!」

 

そう決意した、メゲない女性、ヘリムは、今度は大統領選に出馬。
これも見事勝ち抜く。
しかし、大統領に就任した直後、大問題が勃発。
韓米首脳会談がワシントンで行われたが、中国の領海内で韓国の潜水艦が事故を起こし、両国間で外交問題となったのだ。

 

ヘリムは問題を収束するため、急遽北京を訪問。
そして、問題解決の為に中国の国家主席に頭を下げた。
しかし、この事が韓国内では中国に屈服したと受け止められ、大統領はカン・テサンによって弾劾を請求されてしまう。
同じ頃、ハ・ドヤ検事はチョ・ベホ代表の政治資金の出所を調査し始めていた。
手がかりが一向に掴めず、苛立ちばかりが募っていく。
二人の抱えるこの問題は、意外な形で関わりを見せていきー。


[スポンサーリンク]


登場人物:

ソ・ヘリム
国会議員、ナム道の知事を経て、大韓民国大統領に就任した新大統領。
まっすぐすぎる気性ではあるものの、リーダーシップに優れ、慈愛の心も持ち合わせた女性。

 

ハ・ドヤ
元不良で、現在は検事。
ソ・ヘリムの同郷の後輩。

 

カン・テサン
民友党所属の国会議員で、後の党代表。
ヘリムの素質をいち早く見抜いた人物。
政界に彼女を招き入れるが、後に、大統領選挙で敗北してしまい…。

 

チャン・セジン
ヘリテージクラブのギャラリーを任されている。
実は、チョ・ベホ代表の隠し子である。

 

ペク・スンミン
ヘリムの前の大韓民国大統領。

 

チョ・ベホ
民友党を率いる存在。
政界の実力者として恐れられている。
しかし後に、テサンによって党から追い出されることに。

 

オ・ジェボン
民友党所属の国会議員。
元はベホ代表の右腕だったが、後にテサンが力をつけ始めると、ベホ代表を裏切り、テサンに接近、協力する。

 

キム・ミョンファン
サンホグループの会長。
政界に多額の献金をしている人物。
ドヤ検事に捜査される。

 

コン・ソンジョ
ナムソン支庁長。
ドヤ検事の上司にあたる。
暖かい人柄で、いつもハ・ドヤ検事を心配している。

 

情報掲載サイト
・ウィキペディア Wikipedia < http://goo.gl/ueul9 >
・フジテレビ <  http://www.fujitv.co.jp/otn/b_hp/912200054.html >
・シネマート < http://www.cinemart.co.jp/lady-p/ >

 

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング