韓国ドラマ『ドラマの帝王』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『ドラマの帝王』


放送業界の裏側が丸わかり!! 2つのライバル制作会社が放送の編成を巡って熾烈な争いを繰り広げる。

タイトル:ドラマの帝王
ジャンル:コメディ
キャスト:
キム・ミョンミン、チョン・リョウォン、チェ・シウォン、チョン・マンシク
テレビ局:SBS
公式サイト http://www.kntv.co.jp/prog/detail/?p=25046
話数:18話
最高視聴率:8.9%
2012年作品

みどころ:

放送業界の裏側が丸わかり!! 2つのライバル制作会社が放送の編成を巡って熾烈な争いを繰り広げる。

あらすじ:

帝国プロダクションの代表であるアンソニー・キムは、自身が作成したドラマ29作品中で27作品を成功させて「ドラマの帝王」と呼ばれていた。

 

だがアンソニーは、「優雅な復讐」の最終回の放送中に、大事にしていた「一つの指輪」を失くしてしまいます。

 

その後、制作中にバイク事故が起こり、代表の座も奪われてしまうことになるのでした。

 

その3年後、アンソニーの元へある投資話が入る。

 

在日の事業家であるワタナベがある投資をする話でした。

 

それは、日帝時代を舞台にすることが条件で、ドラマ制作をしてくれる会社に100億ウォンを投資するという話です。

 

早速アンソニーは、3年前にアシスタントをしていたイ・ゴウンが書いた「京城の朝」のシナリオを思い出して、イ・ゴウンを捜し出すことに成功する。

 

その後、イ・ゴウンと日本に訪れたアンソニーは、投資家ワタナベから「年内に放映しないといけない」という条件をつけられます。

 

もしも約束が守れない場合は殺されるかもしれないという恐怖感を知ったアンソニーは、放送枠の獲得に向けて必死になるのでした。

 

だが、アンソニーを敵視している帝国プロのオ代表は、妨害を開始するのでした。


[スポンサーリンク]


登場人物:

アンソニー・キム
ドラマ外注制作社界の天才経営者

 

イ・ゴウン
ドラマ補助作家

 

カン・ヒョンミン
韓流スター

 

オ・ジンワン
チェグクプロダクション常務

 

情報掲載サイト
・kstyle < http://news.kstyle.com/topicNews.ksn?topicNo=2254 >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング