韓国ドラマ『コーヒーハウス』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『コーヒーハウス』


カン・ジファンと「フルハウス」の監督が贈るコーヒーの香りたっぷりな甘くてほろ苦いロマンチック・ラブコメディ

タイトル:コーヒーハウス
ジャンル:ラブコメディ
キャスト:
カン・ジファン、パク・シヨン、ハム・ウンジョン、チョン・ウンイン
テレビ局:SBS
公式サイト http://coffeehouse.ponycanyon.co.jp/
話数:18話
最高視聴率:10.1%
2010年作品

みどころ:

カン・ジファンと「フルハウス」の監督が贈るコーヒーの香りたっぷりな甘くてほろ苦いロマンチック・ラブコメディ

あらすじ:

特に未来への夢や憧れもなく、時々来てくれるお客様へコーヒーを作り提供しているカン・スンヨン(ハム・ウンジョン)の人生に、突然イ・ジンス(カン・ジファ ン)という変わった男が現れました。

 

救ってくれたジンスの親切心に感動して、人気小説家ということを知って、更に好感度がアップします。

 

先輩の後押しもあってジンスの秘書をすることになり、胸を弾ませて出勤するのですが、プロの意識すらもたないスンヨンに対してジンスは苛々するのでした。

 

だがそんなスンヨンにも一つだけ、ジンスが認める良いところがありました。

 

それはスンヨンのド根性です。

 

いくらジンスに怒られてもめげない前向きで能天気な性格を持つスンヨンに、徐々にジンスの心は解れていく・・・。

 

ジンスが描く小説を出版する会社社長のソ・ウニョンは、自分がジンスのたった一人の理解者だということを自負していましたが、いつもジンスとケンカばかりしていました。

 

始めの頃はスンヨンに対して哀れみの目で見ていましたが、ジンスとウニョンの間にできた溝をスンヨンが埋めてくれたことを機に感謝するようになります。

 

スンヨンのおかげでジンスとウニョンの距離は縮まります。

 

だがジンスは、ウニョンの想いに気付いているのにはぐらかしてばかりいました。

 

スンヨンもジンスから振り回されても、優秀な仕事ぶりにトキメキが止まりません。

 

しかし二人の女性の想いを知りながらも、ジンスには受け止めることができない過去の傷があったのでした。


[スポンサーリンク]


登場人物:

イ・ジンス ベストセラー作家

 

ソ・ウンヨン 出版社代表、カフェオーナー

 

カン・スンヨン ジンスの秘書、コーヒーショップの娘

 

ハン・ジウォン ウンヨンの元婚約者

 

情報掲載サイト
・TBSチャンネル < http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/d1871/ >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング