韓国ドラマ『ハイド・ジキル、私』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『ハイド・ジキル、私』

ヒョンビン4年ぶり待望の主演作!

冷たくて、優しい。不思議な彼との三角関係。 ヒョンビン×ハン・ジミン主演で贈る極上ラブコメディ!

タイトル:ハイド・ジキル、私
ジャンル:ラブコメディ
キャスト:
ヒョンビン、 ソンジュン、 ハン・ジミン、ヘリ
テレビ局:SBS
公式サイト http://www.kntv.co.jp/prog/detail/?p=29747
話数:20話
img alt="" src="./img/box_or_s.png" />最高視聴率:8.6%
2015年作品

みどころ:

ヒョンビン4年ぶり待望の主演作!
冷たくて、優しい。不思議な彼との三角関係。 ヒョンビン×ハン・ジミン主演で贈る極上ラブコメディ!

あらすじ:

ソジンは、韓国最大のテーマパーク「ワンダーランド」の常務であり、無表情・無感情で生きている堅物御曹司でした。

 

しかし実は幼少期から心臓発作が起きてしまい、その度に記憶を失ってしまい、もう一人の人格であるロビンが現れてしまうという問題を抱えていたのです。

 

そんなある日、サーカス団の檻の中からゴリラが脱走してしまい、テーマパークは大騒動となるのでした。

 

助けを求めパニックになっている女性客を突き倒してでも、 誰よりも先に逃げて行くソジン。

 

そんな大騒動の収拾をしたのはサーカス団の女性団長ハナでした。

 

しかしソジンは、この騒動でサーカス団を廃止にすると宣言しました。

 

ソジンの宣言からソジンとハナは対立する仲になってしまいます。

 

そして主治医であるカン博士から「ソジンの病気を直すことができる方法を見付けた」と電話があり、病院へ向かうソジン。

 

だが、ソジンを追い掛けてきたハナが何者かに襲われてしまい、恐怖のあまりにソジンは発作を起こしてしまうのですが、ロビンに変身して勇敢にもハナの危機を救うのでした。

 

元に戻ったソジンは、五年ぶりにロビンの人格が出現したことを知って、愕然とする。

 

さらに、カン博士が謎の失踪を遂げるのでした・・・。


[スポンサーリンク]


登場人物:

ク・ソジン
テーマパーク・ワンダーランド常務

 

ロビン
ソジンのもう一方の人格

 

ユ・テジュ
催眠専門医

 

チャン・ハナ
ワンダーサーカス団長

 

ミン・ウジョン
大学生

 

情報掲載サイト
・KNTV < http://www.kntv.co.jp/prog/detail/?p=29747 >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング