韓国ドラマ『未生~ミセン~』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『未生~ミセン~』

囲碁が人生の全てだった「チャン・グレ(ZE:Aのシワン)」がプロ入団に失敗した後、冷酷な現実に投げこまれることで繰り広げられる物語を描くドラマ。

タイトル:未生~ミセン~
ジャンル:友情
キャスト:
シワン、イ・ソンミン、カン・ソラ、カン・ハヌル
テレビ局:tvN
公式サイト http://program.interest.me/tvn/misaeng/
話数:20話
最高視聴率:8.4%
2014年作品

みどころ:

囲碁が人生の全てだった「チャン・グレ(ZE:Aのシワン)」がプロ入団に失敗した後、冷酷な現実に投げこまれることで繰り広げられる物語を描くドラマ。


[スポンサーリンク]


あらすじ:

チャン・グレは七歳の頃、囲碁に出会って十歳で韓国棋院に研究生として入門しました。

 

「神童」と呼ばれており、プロの棋士になることを夢見ていました。

 

そして二十六歳で挫折してしまい、アルバイトや日雇いの仕事をして食いつないでいたのですが、コネを使い総合商社のワン・インターナショナルの営業3チームで働くことになるのでした。

 

社会経験もゼロ、基本の英語も話せないグレ。

 

そして学歴と語学能力がある同僚からは嫌がらせを受けて、上司らからは無能と評価されてしまう。

 

ところがグレには幼い頃から囲碁で培った集中力と記憶力、そして状況を基盤として見る事が出来る策略家としての才能があったのです。

 

囲碁の才能と機転で、営業3チームに起こるアクシデントを解決していき、徐々に上司とキム・ドンシク代理の信頼を得ていくのでした。

 

ある日新入社員を対象にした社員採用試験の課題が出されて、周りから無能と思われているグレは、他の社員から引き立て役に最適と思われ、次々にパートナーの誘いを受けてしまいます。

 

そしてグレが選んだ相手は新入社員の中でも変わり者と言われているハン・ソクユルだったのですが・・・。

登場人物:

チャン・グレ
総合貿易商社ワン・インターナショナルの営業3チームの新入社員

 

オ・サンシク
グレの上司で営業3チームの課長

 

アン・ヨンイ
資源2チームのインターン社員でグレの同期

 

チャン・ベッキ
鉄鋼チームのインターン社員

 

情報掲載サイト
・Mnet < http://jp.mnet.com/program/main.m?program_id=1461 >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング