韓国ドラマ『神話』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『神話』

1970年から80年代の韓国の政治、社会、文化等を背景に、愛と野望が渦巻くヒューマンドラマ。

タイトル:神話
ジャンル:ヒューマンドラマ
キャスト:
キム・ジス、キム・テウ、パク・ジョンチョル、コ・ドゥシム
テレビ局:SBS
公式サイト http://movie-tsutaya.tsite.jp/netdvd/dvd/goodsDetail.do?titleID=0082061313
話数:16話
最高視聴率:-
2001年作品

みどころ:

1970年から80年代の韓国の政治、社会、文化等を背景に、愛と野望が渦巻くヒューマンドラマ。


[スポンサーリンク]


あらすじ:

父親が負った借金のおかげで、借金取りに追い回される日々のテハは、そのせいで学校に通えず、大学受験を目指している学生が受けている授業を教室から洩れている声を聞き、勉強していた真面目な青年でした。

 

そんなテハを哀れに思った母は、「野望と成功だけを考えて生きるように」と、こんな生活からテハを逃がすのでした。

 

新しい生活を始めた矢先にテハは、不動産業界社長のチョンという女性の目に止まり、裏商売の借金取り立てとして働き始めるのでした。

 

そんな時、ソヨンの父親が“大統領殺害事件”の共犯者として逮捕されてしまい、死刑にされてしまう。

 

夢も金、行く当ても失い、街を彷徨っていたソヨンは、ふと入った倉庫でそこの住人デウンと出逢います。

 

そして翌日、街でテハを見掛けたソヨンは、テハにお金を貸して欲しいと声を掛ける。

 

こうして、この三人は運命の糸で繋がれたのでした。

 

デウンは恋心を抱くようになり、ソヨンの力になりたいが、ソヨンは冷酷な取り立て屋のテハと恋に落ちてしまう。

 

最初は順調だったテハとソヨンでしたが、テハは母の死をきっかけに再び野望を求めるようになり、ソヨンを捨ててしまうのでした。

 

失意のどん底のソヨンを優しく支えるデウンと友人ドルマンは、三人で起業して成功を夢見るようになります。

 

そして、自分を捨てたテハに復讐する為に、ソヨンはある復讐の計画を実行へと移すのでした。

 

こうして、彼らは愛憎と野望が渦巻く世界に足を踏み入れていくのですが・・・。

登場人物:

ユン・ソヨン
天涯孤独の大学生

 

カン・デウン
ソヨンの友人、大学生、機械修理屋

 

チェ・テハ
ソヨンの恋人、サラ金業者

 

チョン・ジェスク
チョン社長、テハのボス、チョンボグループ会長

 

情報掲載サイト
・韓国ドラマストーリー < http://blog.livedoor.jp/creampan2005/archives/50894323.html >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング