韓国ドラマ『生き残った者の悲しみ』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『生き残った者の悲しみ』

80年代と90年代の急変する社会の中で、現実にぶつかり、悩んで、憤怒して、愛して、真の自分を捜し出す現代の若者達の物語である。そこには尊い犠牲があり、その時代に沈黙した者の胸には悲しみの火印が押されるが・・・。

タイトル:生き残った者の悲しみ
ジャンル:青春ロマンス
キャスト:
イ・ビョンホン、ナ・ヒョンヒ、シン・ユンジョン、ノ・ヒョニ
テレビ局:KBS
公式サイト http://www.kbsworld.ne.jp/drama/detail.php?cno=104
話数:16話
最高視聴率:-
1993年作品

みどころ:

80年代と90年代の急変する社会の中で、現実にぶつかり、悩んで、憤怒して、愛して、真の自分を捜し出す現代の若者達の物語である。そこには尊い犠牲があり、その時代に沈黙した者の胸には悲しみの火印が押されるが・・・。


[スポンサーリンク]


あらすじ:

この物語はとても純粋な学生運動家のララとオレンジ族であるディディを通し、1980年代と1990年代初期の韓国を振り返るというお話です。

 

主人公のチャミョンは、偶然に学校の食堂で出会った純粋な心の持ち主ララに急速に惹かれ、彼が参加するサークルにララも参加することになりました。

 

軍隊から除隊し復学していたチャミョンは、下宿先でディディに出会うのですが、ディディの暗い雰囲気になぜか魅力を感じてしまいます。

 

一方ララは、サークルを通し1980年代の時代を肌で感じて、益々学生運動に熱心にのめり込むことに。

 

しかしチャミョンは、そんなララに対し不安を感じていくのでした。

 

一方のディディは、自由な生活を求めてアパートにて一人暮らしを始めるのですが、クライアントと一夜を共にすることを断ったこともあり、モデルの仕事ができなくなって荒れた生活をするようになりました。

 

チャミョンはそんなディディを責めてしまいます。

 

ララは学校での学生運動に限界を感じて、学校から出て労働運動に飛び込むのですが・・・。

 

登場人物:

イ・ジャミョン(チャミョン)
法学部学生

 

ディディ
チャミョンの下宿仲間、モデル

 

ウ・ララ
チャミョンの初恋の人、学生運動に傾倒

 

ユニ
キジュンの婚約者

 

情報掲載サイト
・ワウコリア < http://www.wowkorea.jp/profile/200202.html >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング