韓国ドラマ『プロデューサー』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『プロデューサー』

残業は日常、徹夜はオプション、空気を読む能力と体力を備えたKBSのバラエティ局の完璧なスペックをもつが、どこか間が抜けている者たちが描いていく純度100%のリアリティ溢れるバラエティドラマ。

タイトル:プロデューサー
ジャンル:バラエティ
キャスト:
チャ・テヒョン、コン・ヒョジン、キム・スヒョン、IU
テレビ局:KBS2
公式サイト http://www.kbs.co.kr/drama/produca/
話数:12話
最高視聴率:17.7%
2015年作品

 

出演者関連・参考サイト ※別のサイトへ飛びます

 

みどころ:

残業は日常、徹夜はオプション、空気を読む能力と体力を備えたKBSのバラエティ局の完璧なスペックをもつが、どこか間が抜けている者たちが描いていく純度100%のリアリティ溢れるバラエティドラマ。


[スポンサーリンク]


あらすじ:

KBSテレビ局の新入社員であるペク・スンチャンは、大学の同じサークルにいたチュ・ユニ先輩への想いを抱いたまま、ただユニ先輩の側にいたいという思いから、ユニ先輩が働いているKBSテレビ局を志望することに。

 

面接は見事通過しKBS社員になったのでした。

 

新入社員のスンチャンは、ユニと同じ部署への配属を希望するのですが叶わず、バラエティ番組の『一泊二日』制作チームに入れられてしまいます。

 

そこでは番組の演出を担当する入社八年目のプロデューサーである、ラ・ジュンモ、気難しい毒舌な女プロデューサー、タク・イェジンという厄介な上司がいたのでした。

 

毎日が目まぐるしく過ぎていくテレビ局。

 

そして会議で、『一泊二日』の視聴率が悪い為に、その状況を解決する為に、出演者やスタッフを入れ替えることになりました。

 

結果スンチャンは、出演者の中で一番のベテラン女優であるユン・ヨジョンに、番組から降板してもらうように伝えるというとんでもない大役を担うことになるのですが・・・。

 

登場人物:

ラ・ジュンモ
KBSのバラエティ局のプロデューサー

 

タク・イェジン
気難しい性格のKBS入社10年目の音楽番組のプロデューサー

 

ペク・スンチャン
初恋のためにKBSのバラエティ局のプロデューサーになった新米プロデューサー

 

シンディ
氷姫のトップ歌手で気難しくクールな人物

 

情報掲載サイト
・Kstyle < http://news.kstyle.com/topicNews.ksn?topicNo=7844 >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング