韓国ドラマ『ホ・ギュン 朝鮮王朝を揺るがした男』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『ホ・ギュン 朝鮮王朝を揺るがした男』

ハングル文字で書かれた朝鮮最古の小説「洪吉童(ホンギルトン)伝」の作者であり、政治家であったホ・ギュンの波乱万丈の半生を描いた大河ドラマ。

タイトル:ホ・ギュン 朝鮮王朝を揺るがした男
ジャンル:歴史
キャスト:
チェ・ジェソン、キム・ジュスン、ソン・ドンヒョク、チェ・ジョンユン
テレビ局:KBS
公式サイト http://www.koretame.jp/hogyun/
話数:50話
最高視聴率:-
2000年作品

 

出演者関連・参考サイト ※別のサイトへ飛びます

 

みどころ:

ハングル文字で書かれた朝鮮最古の小説「洪吉童(ホンギルトン)伝」の作者であり、政治家であったホ・ギュンの波乱万丈の半生を描いた大河ドラマ。


[スポンサーリンク]


あらすじ:

この物語は朝鮮王朝の中期頃、東派と西派の二つが勢力を競い合い、混雑した中で、東派勢力の中心的な両班の名家の子供として生まれてきたホ・ギュン。

 

ホ・ギュンは、国内で随一の詩人でしたが、母親が愛人だった為に、同じように報われない人生を送った師のイダルから影響を受けて、姉と一緒に文才を広く認められて「神童」と呼ばれながら育ちました。

 

幼少期、ホ・ギュンは、西派の子供と一緒に遊ぶことを父親から強く禁止されていましたが、東派と西派の塾生同士が争う中で、卓越した文才であるホ・ギュンと同じような平等な思想を持っているクォンピルと出会うことになります。

 

更には、イダルから才能を認められて弟子入りしたイ・ジェヨンに出会い、親交を深めるのですが、イ・ジェヨンもまた愛人の子供であったのでした。

 

詩人という才能を持っていながらも、女性ということで愛のない結婚をし、誌を書くことさえも禁じられて不遇の生涯を生きた姉の存在。
そして、派閥闘争に敗れてしまい島流しになった二番目の兄のホ・ソンを通し、ホ・ギュンはいつしか「庶民革命」という理想郷への夢を持つことになっていく。

 

王朝が絶対的権力を誇る朝鮮時代の革命児となったホ・ギュンの波乱万丈の生涯が今、幕を開ける・・・。

 

登場人物:

ホ・ギュン
天才官僚、「ホン・ギルドン伝」の作者

 

光海君(クァンヘグン)、イ・ホン
朝鮮第15代王

 

イ・イチョム
ホ・ギュンの仇敵、大北派

 

ソンオク
ホ・ギュンの側女、元妓生

 

情報掲載サイト
・BS朝日 < http://www.bs-asahi.co.jp/hogyun/index_2.html >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング