韓国ドラマ『夜叉(ヤチャ)』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『夜叉(ヤチャ)』

生きぬくため 兄弟は刃を向けた――

兄は弟のために、弟は兄のために、
そして、女は兄弟のために命を懸ける――。

タイトル:夜叉(ヤチャ)
ジャンル:時代劇
キャスト:
チョ・ドンヒョク、ソ・ドヨン、チョン・ヘビン、チャン・テフン
テレビ局:OCN
公式サイト http://www.bs-asahi.co.jp/yaksha/
話数:12話
最高視聴率:3.5%
2010年作品

 

みどころ:

生きぬくため 兄弟は刃を向けた――
兄は弟のために、弟は兄のために、
そして、女は兄弟のために命を懸ける――。


[スポンサーリンク]


あらすじ:

時は朝鮮時代中期頃・・・。

 

王朝内では党派間の激しい争いの中で、若き王のシジェは、政敵を排除する為の暗殺組織である『黒雲剣』を結成し、王権が回復するのをうかがっていました。

 

そしてこの組織の首領に任命されたのは、王が幼き頃より本当の兄のように慕っていたベンノクという一人の男でした。

 

王は、宮廷内で大きな権力を持っていて、自分を操ろうとしている左議政のカン・チスンの暗殺を黒雲剣に命じます。

 

ところが、屋敷でベンノクと剣を交えることになった人物は、出世の為にカン・チスンの娘婿になったベンノクの実の弟であるベッキョルだったのです。

 

そのうえ、同じ酒の席には、以前ベンノクとベッキョル兄妹に愛されながらも、妓生に身を沈めたチョンヨンも居合わせていたのでした。

 

お互いを思いやりながらも、同じ一人の女性を愛してしまった運命と背負った使命の間で苦悩する兄弟。

 

だが、このすれ違う兄弟の、時代の波に翻弄された悲惨な運命の歯車が今回り出すのですが・・・。

 

登場人物:

イ・ペンノク
王の秘密組織「黒雲剣」の首長

 

イ・ペッキョル
イ・ペンノクの弟、王の政敵の娘婿

 

チョンヨン(ヨニ)
イ・ペンノクとイ・ペッキョルの最愛の女性、妓生

 

イ・シジェ
朝鮮の国王

 

情報掲載サイト
・韓流FAN FUNサイト < http://c7fan.com/korean/yacha.html >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング