韓国ドラマ『男が愛するとき』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『男が愛するとき』

孤児である一人の男、行き違う運命を背負った双子の姉妹のラブロマンス

タイトル:男が愛するとき
ジャンル:ラブロマンス
キャスト:
コ・ス、パク・チョンア、ペ・スビン、パク・イェジン
テレビ局:SBS
公式サイト https://www.kntv.co.jp/prog/detail/?p=1882
話数:16話
最高視聴率:-
2004年作品


出演者関連・参考サイト ※別のサイトへ飛びます

 

みどころ:

孤児である一人の男、行き違う運命を背負った双子の姉妹のラブロマンス


[スポンサーリンク]


あらすじ:

母親の突然の死によって天涯孤独の身になった高校生のジフン(コ・ス)。

 

母親の死後、ジフンは幼少期に亡くなってしまった父親の友人のソ・テチョンに引き取られることになりました。

 

テチョンに連れられて行った海辺の町にある、何だかみすぼらしいボクシング・ジム。

 

そんな場所で明るい陽射しを浴びて立たずむ美少女インへ(パク・チョンア)と出会うことになる。

 

チェロをこよなく愛しており、聡明で頑張り屋、そして傲慢な一面も持っているインへ。

 

次第に二人は互いに惹かれ合っていく・・・。

 

ところが、人生の岐路に立たされた時、いつも愛より成功を選んできた彼女にとって、純粋さだけが取り柄のジフンの存在は、軽い存在にすぎなかったのです。

 

そして、ソウルから転校してきたジフンと無二の親友になる優等生のソクヒョン(ペ・スビン)。

 

いつしか二人は同じ一人の女性を愛するようになります。

 

ソクヒョンはインへの愛を手に入れる為に、欲望の化身と変貌する。

 

また一方で、ジフンのことを愛する女性がいました。

 

その女性は、キョンウォン武芸学院で武術を学んで、スリをして暮らしているジョンウ(パク・イェジン)。

 

ある日のこと、ソウルに上京してきたジフンと出会って胸をときめかせるのですが、彼の心にはいつも別の誰かがおり・・・。

 

登場人物:

キム・ジフン(コ・ス)
孤児、ホテルマン

 

ソ・インヘ(パク・チョンア)
チェリスト

 

カン・ソクヒョン(ペ・スビン)
ホテル財閥の私生児、ジフンの友人

 

ソ・ジョンウ(パク・イェジン)
インヘの双子の妹

 

情報掲載サイト
・innolife.net < http://contents.innolife.net/listd.php?ac_id=3&ai_id=6011 >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング