韓国ドラマ「悲しみよ、さようなら」のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

韓国ドラマ『悲しみよ、さようなら』

《送料無料》悲しみよ、さようなら パーフェクトBOX Vol.2(DVD)

価格:24,404円
(2014/11/10 13:40時点)
感想(1件)

タイトル:悲しみよ、さようなら
ジャンル:ホームドラマ
キャスト:
キム・ドンワン、パク・ソニョン、オ・ヨンス、イ・ジョンウォン、カン・ナムギル、チェ・ラン、キム・イル、キョン・ミリ
テレビ局:KBS
公式サイト http://www.kbs-tv.jp/program.action?pID=55
話数:60話
最高視聴率:25.2%
視聴率ランキング:2005年 8位

みどころ:

長い間不仲だった兄弟たち。
彼らがひとつになって、父親が残した家業を成功させるために互いに理解し、和解する過程を描く。
兄弟たちの生き方を通し、家族とは何であるかを考えるきっかけを投げかけてくれるドラマ。

あらすじ:

父を亡くしたハン家の兄妹。
ほどなく、長男ソンジェが、何をおいても守りたかった父の麺工場を詐欺で失ってしまう。
ここから運に見放されたのか、なにをやってもうまくいかない毎日が続いている。
次男ソンギュは医者として勤めているが、問題ばかりの兄妹にうんざり。
何か用事がない限りハン家には近寄りもしない。
長女ソンミは夫を亡くし、出戻ってきた。
三男ソンミンは初恋のヨジンとの結婚を彼女の父に反対され、別の女性と結婚。
しかし直後に、事業に失敗。
借金を抱えて離婚寸前の毎日だ。
異母弟ジョンウは、生まれた直後に実母が出て行ったため、ソンジェの息子として育てられている。
三流大学を卒業し、現在はフリーター。
彼は偶然出会った社長令嬢、ソヨンと恋に落ちるが、娘を良家に嫁がせたい母は猛反対。
一度は身分が違うとあきらめるものの、愛とソヨンの情熱に負け、「彼女の家族にも認められる男になる!」と宣言してしまった。
口に出した以上はやり遂げようと、祖父の残した麺工場を再建しようと考えるジョンウ。
少しでも未来に一歩を踏み出そうと、ソンジェの反対を押し切り、食品会社に勤めるヨジンに麺作りを教わることに。
そんな中、ジョンウが親しくしているカン社長が、かつてハン家を裏切った罪滅ぼしがしたいと、ジョンウたちに援助を申し出る。

実はカン社長は、ジョンウの実母であったのだ…!


[スポンサーリンク]


登場人物:

ハン・ジョンウ
大らかで負けず嫌いな性格。
楽天的で、何事にも積極的に取り組む。
ソヨンに一目惚れし、積極的にアタックするが、彼女はいい大学を出た上に金持ちのお嬢様だった。
彼女も心を傾けてくれるが、その家族の猛反対にあい、「フリーターである自分と彼女は身分が違うのか…」と複雑な気持ちになってしまう。
それを他でもない彼女に励まされ、「成功して堂々とプロポーズしてやる!」と宣言。

 

チャン・ソヨン
裕福な家に生まれ、昔からかなわぬ事など何もなかった。
そのため、この世で自分が一番幸せな人間だと自負するほど何事にも自信と余裕を持っている。
自己中心的な一面を持っていたが、困難な環境の中でも明るく周りの人を手助けするジョンウを通して、本当の愛を知るようになる。

 

パク・ヨジン
ソンミンの初恋の女性。
家族の反対にあい別れ、ソンミンは別人と結婚したが、その後も密かにソンミンを慕い続けている。
快活で、白黒はっきりさせないと気持ちが悪い性格。
ソンミンの事業に失敗やそれに伴う離婚に誰よりも心を痛め、彼の再起のために助けを惜しまない。

 

ハン・ソンミン
男らしく落ち着いていると言えば聞こえは良いが、プライドが高く、自分の立場に対していちいち弁解したりはしない性格。
大企業に勤める有能な社員だったが、その性格が災いし、辞表を出し、自分で事業をはじめた。
だが不況を乗り越えることが出来ず、倒産。
借金を抱え込み、妻にも離婚されてしまう。

情報掲載サイト
・悲しみよ、さようなら 【韓国ドラマ情報】 - goo 動画 <  http://bb.goo.ne.jp/special/korea/drama-movie/KDK20050023/index.html >
・ワウコリア <  http://www.wowkorea.jp/profile/200076.html >
・KBS WORLD <  http://www.kbsworld.ne.jp/drama/detail.php?cno=107 >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング