韓国ドラマ『その女』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『その女』

結婚した人間にも“恋”は訪れる。

“不倫は、倫理には反するが、愛なのだ”既婚者の恋を擁護するのではなく、
そんな状況に陥ることもあるとの前提で、物語は展開する。

タイトル:その女
ジャンル:愛憎劇
キャスト:
シム・ヘジン、チャン・ドンジク、チョン・ソンファン、オ・ユナ
テレビ局:SBS
公式サイト http://www.bs11.jp/drama/1482/
話数:20話
最高視聴率:30%
2005年作品

 

みどころ:

結婚した人間にも“恋”は訪れる。
“不倫は、倫理には反するが、愛なのだ”既婚者の恋を擁護するのではなく、
そんな状況に陥ることもあるとの前提で、物語は展開する。


[スポンサーリンク]


あらすじ:

結婚12年目を迎えた典型的とも言える専業主婦で良妻賢母を夢見ているユン・ジス(シム・ヘジン)。

 

そして大学教授の夫チョン・ジェミン(チャン・ドンジク)。

 

妻に息苦しさを感じていたジェミンは、オ・セジョン(オ・ユナ)という女性に溺れてしまうのでした。

 

突然離婚を言い渡されたジスは、悩んで苦しみ、泥沼の末にやっと離婚を決心します。

 

そして離婚後ジスは、テレビ局のPDク・ドヨン(チョン・ソンファン)に出会って心惹かれるのですが、ドヨンは他の女性と結婚してアメリカへと渡ってしまう。

 

その後ジスは、小さなインテリアショップを開き、仕事に没頭して別れた夫ジェミンは、セジョンとの不倫の末の恋愛が上手くいかずにジスに対して未練を残していたのです。

 

二年後に偶然にも再会を果たして不倫の恋に落ちてしまうジスとドヨン。

 

運命のイタズラなのか、ドヨンの妻は、ジスの家庭を壊した女、オ・セジョンだったのです。

 

不倫に泣かされた被害者のジスが、今度は不倫の加害者の立場になったのです。

 

二年前の立場と逆の立場に立たされてしまったジェミンとセジョン。

 

復讐を意図せずにドヨンを愛し始めてしまったジスでしたが・・・。

 

登場人物:

ユン・ジス(シム・ヘジン)
専業主婦→フードコーディネーター

 

チョン・ジェミン(チャン・ドンジク)
ジスの夫、国文科教授

 

ク・ドヨン(チョン・ソンファン)
放送局PD

 

オ・セジョン(オ・ユナ)
ジェミンの不倫相手、パーティプランナー

 

情報掲載サイト
・DATV < http://datv.jp/p000282/ >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング