韓国ドラマ『キッドギャング』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『キッドギャング』

抗争で圧倒的な強さを誇ったコボン、カルナル、ホングの3人。事件の時効まで静かに過ごそうとしていた彼らが、ひょんなことから赤ん坊の世話をすることに……。

タイトル:キッドギャング
ジャンル:コメディ
キャスト:
ソン・チャンミン、イ・ギウ、イ・ジョンス、ペク・ソンヒョン
テレビ局:OCN
公式サイト
話数:16話
最高視聴率:-
2007年作品

 

出演者関連・参考サイト ※別のサイトへ飛びます

 

みどころ:

抗争で圧倒的な強さを誇ったコボン、カルナル、ホングの3人。事件の時効まで静かに過ごそうとしていた彼らが、ひょんなことから赤ん坊の世話をすることに……。


[スポンサーリンク]


あらすじ:

約9年と6ヶ月前に『血の火曜日』と呼ばれる抗争事件が勃発し、その事件で圧倒的な強さを誇った三人組がいました。

 

リーダーであるカン・ゴボンは、拳一つで敵を蹴散らして、彼の右腕「刀」はその通り名の通り、刀を握らせると敵は木の葉っぱの様に散ってしまうと言われ、三人目のマ・ホングはゴボンさえも一目置く頭の硬さで敵をなぎ倒してしまい、『血の火曜日派』と呼ばれて恐れられていました。

 

ところが彼らはこの抗争によって追われる身となってしまい、現在はひっそり時効が来るのを待ち、バリの海辺で余生を過ごそうと潜んでいたのです。

 

そんなある日のこと、敵対組織である泰山派のゾ・ピョギが出所し、キム・ボスを殺害して組を乗っ取ろうと画策し始めます。

 

そのことに気が付いたキム・ボスは、『血の火曜日派』の彼らの所にまだ生後間もない自分の子供チョルスを預けるのでした。

 

この日から強面三人衆と、なぜか彼らに憧れている高校生オ・ハンピョウの四人は、慣れない赤ちゃんの世話をすることになるのですが・・・。

 

登場人物:

カン・デボン(ソン・チャンミン)
血の火曜日派リーダー、便利屋

 

イ・カルナル(イ・ギウ)
デボンの弟分、剣術の達人

 

マ・ホング(イ・ジョンス)
デボンの弟分、頭突きが得意、記憶喪失

 

オ・ハンピョ(ペク・ソンヒョン)
高校生、雑用係

 

情報掲載サイト
・韓CHOA!! < http://korea.yapy.jp/drama/kidgang/ >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング