韓国ドラマ『ゴハン行こうよ』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『ゴハン行こうよ』

離婚3年目の主人公であるイ・スギョン(イ・スギョン)を中心に、彼女の隣人や職場の同僚など、一人暮らしの単身世帯(シングル)たちのリアルな日常とロマンスを描くたドラマ。

タイトル:ゴハン行こうよ
ジャンル:グルメロマンス
キャスト:
イ・スギョン、ユン・ドゥジュン、ユン・ソヒ、シム・ヒョンタク
テレビ局:tvN
公式サイト http://program.interest.me/tvn/eat
話数:16話
最高視聴率:1.683%
2013年作品

 

みどころ:

離婚3年目の主人公であるイ・スギョン(イ・スギョン)を中心に、彼女の隣人や職場の同僚など、一人暮らしの単身世帯(シングル)たちのリアルな日常とロマンスを描くたドラマ。


[スポンサーリンク]


あらすじ:

33歳でバツイチで一人暮らし歴三年目のイ・スギョン(イ・スギョン)の唯一の楽しみといえば「食べること」。

 

法律事務所の室長という立派な肩書で働いている彼女は、事務所代表弁護士のキム・ハンムン(シム・ヒョンタク)から、毎日理不尽な仕事ばっかり押し付けられて、かなりのストレスが溜まる毎日を送っていました。

 

ところがスギョンにストレスを与えているハンムンにもそれなりの理由があったのです。

 

ある日、スギョンはブログでグルメばかりを紹介されている料理を見て仕事のストレスを解消し充実した毎日を送っていました。

 

そんなスギョンの隣の部屋に一人暮らしのユン・ジニ(ユン・ソヒ)が引っ越して来て、初日から泥酔してしまい、ジニは自分の部屋とスギョンの部屋を間違えて大惨事を起こしたのです。

 

そしてもう一人の隣人である806号室の保険会社の敏腕営業マン、ク・デヨン(ユン・ドゥジュン)は、グルメ通で自分でグルメブログを運営する位、魅力満点な男性でした。
だが、どこかミステリアスなデヨンの存在が少しずつスギョンのシングルライフに影を落としていくのですが・・・。

 

登場人物:

イ・スギョン(イ・スギョン)
20代に結婚と離婚を経験した33歳の女性

 

ク・テヨン(ユン・ドゥジュン)
イ・スギョンの隣に住んでいる男

 

ユン・ジンイ(ユン・ソヒ)
明るい楽天家

 

キム・ハクムン(シム・ヒョンタク)
弁護士事務室の代表

 

情報掲載サイト
・Mnet < http://jp.mnet.com/program/main.m?program_id=1100 >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング