韓国ドラマ『ゴハン行こうよシーズン2』のあらすじとランキング情報

[スポンサーリンク]

『ゴハン行こうよシーズン2』

韓国の行政中心複合都市「世宗市」に引っ越した男性主人公ク・デヨンがフリーランサー作家のペク・スジ、草食系公務員のイ・サンウをはじめとする新しい隣人と出会って繰り広げられる物語を興味深く描いたドラマ。

タイトル:ゴハン行こうよシーズン2
ジャンル:グルメロマンス
キャスト:
ユン・ドゥジュン、ソ・ヒョンジン、グォン・ユル、キム・ジヨン
テレビ局:tvN
公式サイト http://giftmap.interest.me/View/2970
話数:18話
最高視聴率:2.989%
2015年作品

 

出演者関連・参考サイト ※別のサイトへ飛びます

 

みどころ:

韓国の行政中心複合都市「世宗市」に引っ越した男性主人公ク・デヨンがフリーランサー作家のペク・スジ、草食系公務員のイ・サンウをはじめとする新しい隣人と出会って繰り広げられる物語を興味深く描いたドラマ。


[スポンサーリンク]


あらすじ:

保険会社勤務のク・デヨン(ユン・ドゥジュン)は、とにかくグルメ通でグルメブログを運営するくらい有名なブロガーでした。

 

最近は、災難が重なりデヨンはソウルを離れて、子供の頃に住んでいた世宗市へと引っ越すことにしました。

 

そして引越し当日に、向かいの201号室に挨拶に行くと、フリー作家のペク・スジ(ソ・ヒョンジン)に顔を見るなりいきなりドアを閉められてしまうのでした。

 

大家の力を借りて再度ドアを開けますが、やっぱりデヨンを睨みつけるスジ。
それ以来、ゴミ出しの仕方から駐車の仕方までも細かく文句を付けてくるスジに、超ポジティブ精神のデヨンは自分に気があると思い込むのでした。

 

国家公務員のイ・サンウ(クォン・ユル)、ホン・イナ(チョ・ウンジ)と一緒に仕事をしているスジは、サンウに片思い中でしたが、なかなか自分の名前を覚えてもらえずにいました。

 

サンウは、興味がない人の名前は覚えられず、同僚イナの名前までも憶えていなかったのです。

 

隣人となったデヨンとスジですが、実はこの二人は小学校の同級生。

 

昔は「白豚」と呼ばれてクラスメートに苛められていたスジは、唯一自分に優しくしてくれるデヨンのことが好きでした。

 

ところが、優しくしてくれたのはデヨンの母親が経営している店の売り上げの為だと知ったスジ。
ショックを受けたせいで暴飲暴食し、体重が100キロまでに増え上がり、人間不信にもなってしまったのです。

 

ところが苦しく辛いダイエットに見事成功し、今ではスリムな体系になったスジですが、デヨンはそんなスジのことを全く覚えていなかったのです。

 

ここで会ったが百年目、スジはデヨンに復讐を誓うのですが・・・。

 

登場人物:

ク・デヨン(ユン・ドゥジュン)
31歳。一人世帯10年目。

 

ペク・スジ(ソ・ヒョンジン)
31歳。結婚を夢見る一人世帯。

 

イ・サンウ(グォン・ユル)
35歳。一人世帯入門者。

 

イ・ジョミ(キム・ジヨン)
70代。専業主婦暦50年。

 

情報掲載サイト
・Mnet < http://jp.mnet.com/program/main.m?program_id=1503 >

[スポンサーリンク]


-スポンサーリンク-

人気記事ランキング